ここから本文です

私はよく知りませんが、宗教では占いは禁止されているんですか? ということは...

zzz********さん

2019/3/422:07:47

私はよく知りませんが、宗教では占いは禁止されているんですか?

ということはカテマスのcat***さんが占いカテでは一番悟った存在ということでしょうか。

閲覧数:
114
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

za1********さん

2019/3/507:49:49

運命 運勢 定め 等は・・・神が決める事!だから、
占い師という、人間 霊長類の中での ヒト目ヒト科での
者が占い、結果・・・とする事は、NG!での宗教面での
基本事項がある!のでね。

でも・・・仏教関連での中の1つ、六字明王様からの 教え
お告げ系が主での、流生命 の場合には・・・占い でなない
六字明王様から、教え としていてもね。

流生命関連の本は、書店&本屋では・・・占いコーナーに
置いてあるのでね。

イエス・キリストが生まれる前には、その事を予言 占った
者が居た?とされ続けてはいますがね。

占い!信じている者の中には、大のアンチ宗教派も増加傾向
なのでね。

質問した人からのコメント

2019/3/10 21:28:11

みなさま、ありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

dri********さん

2019/3/508:11:54

イスラムでは占星術は禁止されていません。

仏教は、占星術が基本的な教養として誰もが知っている環境下で生じました。
仏陀はバラモンと交わってはならないと言いましたが、占星術を禁止したわけではありません。修行僧はこだわりを捨てるため、修行のためにバラモンの呪術に関わるな、といったかもしれませんが、そういう意味では葬式をしてはならないとも言っています。占星術がダメだということは言っていません。
たとえば初期の仏典には「月がラーフの捕らわれから脱する如く」というような表現が見られます。ラーフというのは白道と赤道の交点のことなのですけれど、こういうものを使った占星術というのは現代の基準で言うと結構勉強している人でないと知らない類の占星術です。また仏陀は自分の子供にはその占星術用語から来た名前を付けています。
逆に2500年前に、こうした天文知識が社会で実用化されていたということの方に我々は驚いてもいいと思うのですが。

こうしたことから、たとえばスリランカはテラワーダ仏教ですけれども、新聞に占星術の大事な日付・時間が乗るとか、占星術は社会的に大きな力があります。
また空海も重要な占星術の技法を日本にもたらしました。
というわけで、「仏教で占星術が禁止されている」と強弁している人は、何をもってそういうことを言っているのか、私にはさっぱりわかりません。仏教、ちょっとでも勉強されたのでしょうか。

教会は微妙ですね。
ギリシャ文化と対立し、占星術が迫害された歴史は確かに存在しました。
中世カトリックにおいては、怪しげな行いは「魔女」だということで、「生木の火あぶり」のような残忍な所業があったことも事実です。
黙示録みたいなものを見ると、占星術的シンボルであふれかえっています。なのに、「禁止」というわけで、だいぶキリスト教はパッパラパーだったと思います。

問題は「占い」という言葉にあると思いますね。
下駄を投げて明日の天気を占うのも「生木の火あぶり」にしましょうということなのでしょうか。キツネに頼んでこっくりさんを行うのと、春分点みたいなのを計算するのと、あれもこれも全部一緒にしてしまって「占い」という言葉でくくろうとするのは、自分は馬鹿げたことだと思います。

ton********さん

2019/3/422:24:08

仏教とユダヤ教及びその派生宗教(キリスト教、イスラム教)では人心を惑わす迷信として占いを明確に禁止しています。
その観点からすると、総じて占い肯定派は有害無益な迷妄を積極的に広める悪霊の手先ということになります。
占いカテではカテマスのcat***さんが誰よりも正しいことを言っています。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる