ここから本文です

ブレーキキャリパーについて教えて頂きたいのですが、 昔は高性能な乗用車と言え...

iro********さん

2019/3/519:22:52

ブレーキキャリパーについて教えて頂きたいのですが、
昔は高性能な乗用車と言えば対抗4ピストンのブレーキキャリーパーが
一般的だったと思いますが、最近の車は、当時それらを採用していた車よりも

車重が重いにも関わらず片側2ピストンのタイプが採用されていますが、
ブレーキキャリパーの性能、トレンド?は当時とどんな変化をして
現在のようになっているのでしょうか?

閲覧数:
57
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aay********さん

2019/3/608:43:19

片側2ピストンのメリットは、部品点数が少なく、安価で、軽く、省スペースで済むこと。

とくにピストンが内側にしかないので、ホイールとのクリアランスが楽になるので、小型車には重宝する。

そもそもタイヤをロックさせるだけの力がキャリパーにあれば、制動力に変わりがない。制動距離はタイヤのグリップ力と、ABSの制御の優劣で決まるといっていいから、近年のタイヤメーカーの技術とABSが殆どの車に搭載された結果でしょう。


ひと昔前のスーパー耐久レース(ブレーキキャリパーは市販車のままで交換不可)だったので、NSX、S2000などが、純正の片持ちキャリパーのブレーキに、スリックタイヤを履いて、24時間レースなどにも参戦していたので、必ずしもサーキット=対向キャリパーが不可欠というわけでもない。




ちなみに、自分の車はフルノーマルの国産車ですが、フロントは対向6ポッド、リア対抗4ポッドですけど。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kin********さん

編集あり2019/3/608:21:40

性能とコストのバランスを重視しているから。
むやみに高性能ブレーキを採用せず充分な制動力が得られるから。

nin********さん

2019/3/521:45:05

片側2ピストンでも
充分な制動力が出せるなら
コストを抑えて
バネ下荷重を軽く出来ます。

高額で重い4ピストンや
6ピストンが完璧では
ない部分もあります。

for********さん

2019/3/520:37:56

キャリパーのピストン径の拡大と、
マスターシリンダーの容量アップとブースターとしての最適化、ABSの電子制御の最適化、ホイール内のスペース。
それぞれによって量産グレードの設計想定範囲内で片押しのキャリパーでも充分とした結果でしょうね。

一部車種のブレンボ等の対向6ポッド(ピストン)を除いての対抗ピストンのキャリパーはほぼと言ってもいいほど対向4ポッド(ピストン)ですよ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる