ここから本文です

未成年者特別代理人選任のやり直し 宜しくお願い致します。 未成年者特別代理...

アバター

ID非公開さん

2019/3/600:42:08

未成年者特別代理人選任のやり直し

宜しくお願い致します。
未成年者特別代理人選任に添付する、遺産分割協議書案を訂正したいです。

夫亡き後、意気消沈して、保険会社のアドバイスをうのみにして相続手続きしていましたが、
今の受理された案(遺産分割協議書案)では子供にのみ相続税がかかることがこのたび判明しました。
家裁にその旨問い合わせたら、成年者特別代理人選任のやり直しをするよう指示されまして、再度、未成年者特別代理人選任申請一式を取り寄せています。しかしその後、ネットで、法律相談のサイトに、未成年者特別代理人選任のやり直しはできないとありました。
混乱しています。未成年者特別代理人選任のやり直しは可能でしょうか?
また、不可能な場合、3か月経過していても、子供の代理人により、この度納税の事実を知ったということでの、未成年の子の相続放棄は可能でしょうか。
また、なんとか全額非課税にする方法はないでしょうか。
相続税申告の必要があるとこの度知りました。(保険担当に、申告不要と聞いておりました。)夫が残してくれた貴重なお金で、夫が心底愛していた子供のためにも、1円も無駄にしたくありません。
混乱しています。お詳しい方、どうぞ宜しくお願い致します。

閲覧数:
63
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2019/3/608:28:53

未成年者特別代理人選任のやり直しは可能でしょうか?
➔可能かどうかではなく、必要的選任ですから、選任しなければなりません。

遺産分割協議において、未成年者特別代理人の選任が必要なのは、法定代理人(親)との間で利益相反行為になるからです。

未成年者特別代理人の代理権は、いわゆる普通の代理権のように包括代理ではなく、特定事項についてのみの個別代理権しかありません。

従って、家裁に選任申立をする場合には、定まった分割協議書の案を提出することになっており、代理人は、それに同意するか、しないかだけの代理しかできず、内容を変更することさえできません。

そうすると、一旦協議の整った内容を変更する場合には、当初の代理人にはその代理権がありませんので、新たに代理人を選任しない限り協議を整えることはできません。

不可能な場合、3か月経過していても、子供の代理人により、この度納税の事実を知ったということでの、未成年の子の相続放棄は可能でしょうか。
➔深い事情は分かりませんが、他の者と公平な負担というなら可能ですが、それが単に子のみに相続税の負担があるというだけで、遺産を全く受取らないという放棄手続は困難です。

なんとか全額非課税にする方法はないでしょうか。
➔遺産の状況や背景事情が分かりませんので、回答できません。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2019/3/610:23:03

    アドバイス、ありがとうございます。
    私の書き方が悪かったです。
    去年秋に、すでに未成年者特別代理人選任申立は、家裁に受理されています。相続税は非課税と信じていたので、家裁の指摘(幼いこども二人に25%ずつ)のまま遺産分割協議案を出しました。しかしこの度税務署より相続税申告が必要と言われました。秋に出した案では子供に相続税が発生するとのことでした。
    家裁に問い合わせたら、成年者特別代理人選任のやり直しをするよう指示されまして、再度、選任申請一式を取り寄せています。しかしその後、法律相談のサイトに、未成年者特別代理人選任のやり直しはできないとありました。どれが正かわからず非常に不安です。
    もしやり直しができないなら、案を変更(母に100%)できますでしょうか。またこの25%が絶対適用なら、生命保険(受取人は母指定)はどういう扱いになるのでしょうか。
    急なことで大変動転しています。どうぞ宜しくお願い致します。

  • その他の返信(3件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

han********さん

2019/3/619:29:54

未成年の相続人に特別代理人を付けるのは、親も相続人の場合、親が子に相続放棄させて遺産を独り占めする可能性があるからです。
未成年者の利益を守るための制度だから、借金もないのに子に相続放棄させるような子に不利な遺産分割は原則的に家庭裁判所が認めません。
相応の理由があれば親がすべて相続することが認められる場合もありますが、「相続税を払いたくないから」という理由ではまず認められません。
子が幼くて実際に子の財産を管理するのは親だから、便宜上、親が遺産をすべて相続してそこから養育費を出した方がいいとか、うまい理由を書いた上申書を選任申立書や遺産分割協議案に付けないと認めてもらえないでしょうから、相続問題に強い弁護士や司法書士に相談して理由を考えてもらった方がいいと思います。

あわせて知りたい

このカテゴリの回答受付中の質問

一覧を見る

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる