ID非公開

2019/3/6 9:28

88回答

中村倫也がぜんぜんイケメンと思えません。

俳優、女優 | 芸能人7,266閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

30人が共感しています

ベストアンサー

25

25人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

みなさんありがとうございました! 髪型で私も別人みたいに思えましたのでこちらにさせていただきました

お礼日時:2019/3/11 13:00

その他の回答(7件)

11

事務所の戦略と役柄だと思います。 ドラマや映画に影響されると役柄を重ねて演じた俳優を見てしまいます。 イケメンを演じると演じた俳優までイケメンと錯覚を起こしやすくなります。 その俳優をはじめて見る人やドラマを観ていない人からは「なんでこの人イケメン扱いされてるの?」と疑問がでるのは当然です。 しかしイケメンではないのにイケメンで売り出すと長続きしません。 ドラマは作品が多く飽きられやすいのと俳優も年齢を重ね変化するからです。 時間がたち役柄というフィルターが剥がれると飽きられます。 事務所の戦略で使われるのが「〇〇系イケメン」「下積みを経験した苦労人」といった言葉です。〇〇系はさほどイケメンではないが今どきのイケメンと印象づけるために使い、苦労人は演技経験も長く内面もしっかりした情に厚い人と印象付けるために使われたりします。 しかし両方とも時間の経過とともにメッキが剥がれるので、役者として必要な演技力か個性がないと続きません。 中村倫也さん高橋一生さんともに、ルックスが個性的ではないので「〇〇系イケメン」「下積みを経験した苦労人」として売り出すのは仕方ないかもしれません。 二人ともいい男役ではなく、高い演技力が必要になりますが、ムロツヨシさんや阿部サダヲ さんのような役柄を演じた方がキャラクターにあっている気がします。

11人がナイス!しています

14

イケメンとは違いますよ 雰囲気イケメンです

14人がナイス!しています

19

私も大嫌いです 全くイケメンじゃないし顔は無理なタイプです 事務所の戦略でしょう

19人がナイス!しています

7

私はかっこいいと思いますよー! バラエティーの時の変人感も好きです

7人がナイス!しています