ここから本文です

パリの土壌は、石灰岩質だそうです。日本はもちろん通常の土です。 で、その天然...

zaz********さん

2019/3/708:27:36

パリの土壌は、石灰岩質だそうです。日本はもちろん通常の土です。
で、その天然の石畳の上に土と草盛って競馬場にしている。だから、土壌が固い?

芝も短いそうですね。
その石灰岩質の違和感というのを克服しない限り、無理なんじゃないですか?

補足人工的に土を盛っているからやわらかい、そこが日本と違う。

閲覧数:
41
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

avi********さん

2019/3/709:17:58

おはようございます、
パリの競馬場の馬場はかたいのですか?
聞くところによると、日本の競馬場はかたいと言われているようですけど。
あと、ヨーロッパは洋芝の生育環境が良いので芝生も良く伸びると思うんですけど。

日本の場合、野芝が主なのでほふく茎(ランナー)があるため放置すると地盤はかたくなると思います。
(冬は洋芝をオーバーシードしてるけど、根付きが良いとは思えません)
だから芝の生育も含めて時々エアレーションをしているようです。

パリの競馬場の馬場は、自然の地形を利用してコースをつくっているような感じがしますけど、水捌けとか色々な観点から、路盤整備もしていると思います。

日本の馬がパリで活躍するためには、洋芝の競馬場(札幌とか)で強い馬を連れて行けば良いと思ってますけど。


話は変わりますけど、米国のサンタアニタ競馬場で昨年から今年にかけて20頭くらいの馬が脚部に怪我をして予後不良になったそうです。
原因は調査中みたいですけど、馬場が関係しているのかも知れませんね。
(サンタアニタ競馬場は現在使用してません)

  • 質問者

    zaz********さん

    2019/3/709:39:42

    ダートで活躍した馬が結構いける、とか、重馬場適性があるやつがとにかく見込みある、というのは、このパリの土壌と無関係ではないでしょう。

    サンタアニア?アメリカってダートが主なんですかね。芝のつくり方はどうなのか。。。

  • その他の返信(5件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

fch********さん

2019/3/709:17:42

ブラタモリ情報ですか(^^)

シャンティとかロンシャンの辺りも石灰岩なのかなぁ〜。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる