ここから本文です

地層のできかたについて。 これはどの順番でできてますか。 順番に並べてくださ...

nat********さん

2019/3/823:53:53

地層のできかたについて。
これはどの順番でできてますか。
順番に並べてください。
ア海底ににAの層の砂岩に含まれる砂が堆積した
イ海底にBの層のれき岩に含まれるれきが堆積した
ウC

の層の凝灰岩に含まれる火山噴出物が堆積した
エDの層の泥岩に含まれる泥が堆積した
オ大地が傾きながら隆起して陸地になり、流水や風によって侵食された
カ大地が沈降して、陸地が海底になった
キ大地が沈降して、海底が深くなった

プレートの隆起沈降はわかるのですが、
この問題の場合の隆起沈降の意味もわかりません。

補足答えはイウキエオカアらしいです。
解説
BCDのの層が順番に堆積した後しゅう曲などにより地層が斜めになり、侵食されたあとにAの層が堆積したと考えられる。

解説を最初に書けばよかったです、すみません。

隆起沈降,れき岩,陸地,火山噴出物,でき方,凝灰岩,泥岩

閲覧数:
33
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

mik********さん

2019/3/901:16:41

イ、ウ、キ、エ、オ、カ、アです。

Bの礫は浅い海に堆積したもの、Dの泥岩は深い海に堆積したものと考えます。だからBの堆積とDの堆積の間に沈降があります。
凝灰岩は深さと関係ないので、ウとキの順番はわからないです。だから、ウとキは逆にしてもいいです。
不整合は、一度陸になって浸食され、再度沈降してその上に新しい地層が堆積したという意味です。
現在これらの地層が陸上でみられるので、大地が隆起したというのが最後に来るのですけど、それはないですね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/3/9 15:50:17

ありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

pse********さん

2019/3/909:33:02

あまりいい問題ではないですねぇ...

中学理科では、堆積物の粒が大きいときは海が浅い、小さいときは海が深い、と教えることになっているようです。

海は陸から離れるほど深くなる、粒が小さい方が沈みにくい、ということで、粒が小さいものは深い海に堆積するという考え方です(実際はそうでもないこともあるのですが)。

・A層の下側が不整合になっている(侵食された形跡がある)ので、A層ができる前に一度陸になっていることがわかります。
・A層だけ傾斜していないので、傾斜した時期はそれ以前
・凝灰岩は火山灰だから細粒と考えるのでしょうか。とすると泥岩と同じ環境で堆積したと考える?
などと考えるとこうなるのでしょうか?

イ海底にBの層のれき岩に含まれるれきが堆積した
キ大地が沈降して、海底が深くなった
ウCの層の凝灰岩に含まれる火山噴出物が堆積した
エDの層の泥岩に含まれる泥が堆積した
オ大地が傾きながら隆起して陸地になり、流水や風によって侵食された
カ大地が沈降して、陸地が海底になった
ア海底ににAの層の砂岩に含まれる砂が堆積した

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる