ここから本文です

我が家の家計スタイルを診断してください。

アバター

ID非公開さん

2019/3/915:27:17

我が家の家計スタイルを診断してください。

夫婦、子供一人の時短正社員の40歳主婦です。

夫の給料はどんどん下がり、今では手取りが25万円、ボーナスは夏冬それぞれ手取り5~6万円の寸志レベルしかありません。

私の給料は額面28万円+手当ですが、先取り貯金や積立NISA、自社株、また税金や雇用保険料などで引かれ、手取りが15万円ほどしかありません。
ボーナスは額面で夏60万円、冬80万円くらいです。税金などの天引きが各20万ほどありますのでマイナスしてください。


子供の学校(給食、学童など)、習い事で5万
住宅ローン12万円(早めに返済希望)
食費、日用品7万円
夫婦の小遣い4万円
光熱費、電話、インターネット(冬なら)6万円
ガソリンは月に3000円まで!と決めています。
春には固定資産税や自動車税もあります。

また保険(学資も含む)で年間80万円
(月払35000円、半年払が38万円ずつ)

その他、年金積立などもしています。

旦那の給料がどんどん下がり、でも家計を気にしない旦那なので、正直ストレスですし、本当に生活が苦しいです。食費も以前よりは削りまくってます。そして先々もかなり心配です。

本題なのは、そこまでして、老後や将来の為に貯蓄をする必要はないと思いますか?

しんどくてもやはり今のうちに貯金や年金、NISA、自社株などをしておいた方が良いと思われますか?

ちなみに今は毎月そういう将来のための関連の引き落とし(学資保険は別)が月に8万円、ボーナスで23万円、年間250万円ほどです。
退職金はこのまま働けば、2000万円見込みです。

また予備資金25000円ずつも積み立てていますが、これは年に2回の帰省や旅行などで使い込んでしまっています。

家計のやりくりが下手で働けど働けど楽にならないので、何かご教授頂けますと幸いです。

見にくい文章で申し訳ありません。
貧乏に育ったので、たった一人の子供の学業に関する費用は、何が何でもやりたいことはやらせてあげたいと思っています。


『参考 保険の内訳』
メインな保障だけですが…

(夫婦共通)
死亡各1500万円(60歳まで)→住宅ローンが共有名義のため、どちらかが亡くなれば全て返す→ローンが終われば解約します。

ガン入院10000円
病気ケガ入院5000円

(夫)
終身死亡500万円(うち、ガンになったら先に300万円)→総支払い額は420万円

終身死亡100万円(払い込みほぼ同額)

(妻)
ガン保険

終身、病気ケガ入院6000円
終身死亡400万円(うち240万円は生存中に年金として)

(子供)
学資保険360万円

こども保険(月に1000円、自転車保険混み)

閲覧数:
378
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mik********さん

2019/3/923:16:36

なんのために貯金や保険があるのか、その根本が理解できておられないですよね。

まずはライフプランを作りましょう。
質問者様とご夫君と、仮に、お二人とも100歳まで生きるとして、年表を作るのです。
それぞれの親御さんも100歳まで生きられたとして、いつには退職なさるから生活費の援助が必要だろうとか。
お子さんが、この頃は高校だから、この頃は大学だから、今のお子さんの好みから学費はこれくらいだろうとか、ここらで経済的には独立だろうとか。
この頃は車の買い換えが必要だろうとか、家のリフォームが必要だろうとか。
あくまでも「目安」の、ざっくりとしたイベントと金額です。

そこに、質問者様とご夫君の収入、1年の生活費を書き込み、どういった種類の財産が、いくらあることになるかを書き出すのです。
>手を出せない口座なので、見ないように
こんなことを言っていてはダメですよ。
しょっちゅう見て、気が大きくなって使っちゃうもダメですけれどね。
どれだけの財産があるのか把握していないのは論外です。
また、ライフプランを作るのに必要なのは、年間に支出する金額です。
月額は気にする必要はありませんし、貯蓄は支出に入れません。
未来の支出額は、先の年表に書き込んだイベントを参考に、今を基準にプラスマイナスした金額にします。
とりあえず、この時点では、「お金ないし」と考えずに、ご自分達の希望で書く方が、後がやりやすいです。

それを書いた上で、毎年の収入予定と支出予定を差し引きしていくと、最終的に、どれくらいのお金が残るのか、あるいは足りないのかが出てきます。
それを見て、お金が残るなら、今以上に貯蓄や年金保険にまわす必要はありません。
足りないのであれば、計画を見直して支出を抑えるのか、収入が増えるように考え直すのか、あるいは両方を行うことです。

毎年、それを見直していくのです。
質問者様が60歳までに3000万貯める必要があると仮定して、今、2000万貯まっているなら、20年で1000万貯めれば良いわけですよね。
1000万しか貯まっていないなら、20年で2000万貯めなければいけません。
3000万貯まっているなら、もう貯めなくても大丈夫ですよね。
質問者様は、「今いくら持っているのか」「いつまでに、いくら貯めなければいけないか」を無視して、「いくら貯めるべき?」と訊いていらっしゃるのですよ。
誰も正しい答えを出せません。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2019/3/923:26:02

    とても詳しいご回答ありがとうございます。

    年表、作成してみたいと思います。
    実は30代は医療費などにとにかくお金がかかり、資産作りを始めてまだ浅く、保険を解約して資産をかき集めても500万円ほどしかありません。
    40代、本気で貯めたい!と思ったところに主人の収入減などがあり、どうすれば良いのか分からないでとにかく天引きして見えなくしておこうと思っていました。

    ですが、ご意見を聞いて、向き合うことも大切だと理解出来ました。
    ありがとうございました。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

cal********さん

2019/3/922:11:01

何がどうしんどいのか良く分かりません。まずはそこを整理しては。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

bos********さん

2019/3/921:37:53

共働きと学童で家族がほとんど家にいないのに光熱費、通信費で6万は高い。

月3千円しか使わない車って必要?

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる