ここから本文です

犯罪者が主人公の小説を探しています。といっても、後から主人公が犯罪者だったと...

アバター

ID非公開さん

2019/3/1000:39:05

犯罪者が主人公の小説を探しています。といっても、後から主人公が犯罪者だったという事実が発覚するのではなく最初から犯罪者目線でことが進んでいく、例をあげるなら「白昼の死角」のような小説です。

もしあるのであれば教えてください。

閲覧数:
44
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jam********さん

2019/3/1115:29:06

森村誠一 「異型の白昼」シリーズ(角川文庫)
https://www.amazon.co.jp/%E7%95%B0%E5%9E%8B%E3%81%AE%E7%99%BD%E6%98...
コチラの主人公は「コルト・ガバメント」という軍用銃で、犯罪者の狭間を浮揚していく連作短編です

森村は言わば高木の「直系の弟子」みたいな存在で(実際に師事してた訳じゃないですが)、所謂「悪漢小説(ピカレスク・ロマン)」も多いです
↑以外でも、「死定席」・「偽造の太陽」・「悪夢の設計者」などがあります



楡周平 「Cの福音」シリーズ(宝島文庫)
https://www.amazon.co.jp/%EF%BC%A3%E3%81%AE%E7%A6%8F%E9%9F%B3-%E6%9...
全部6巻のスケールの大きいクライムアクションで、日米を股にかけマフィアと組みコカインビジネスを繰り広げる「悪の天才」朝倉恭介がクールに躍動します


シェイマス・スミス 「Mr.クイン」(ミステリアス・プレス文庫)
https://www.amazon.co.jp/Mr-%E3%82%AF%E3%82%A4%E3%83%B3-%E3%83%9F%E...
天才犯罪プランナーのクインは計画を立てるだけで実行はしない
倫理観・正義感皆無のクインは麻薬王の依頼である大仕事に取り掛かるが・・・



いかがでしょうか

森村誠一 「異型の白昼」シリーズ(角川文庫)...

アバター

質問した人からのコメント

2019/3/11 15:56:34

一番興味深かったのでベストアンサーとさせていただきます。みなさん回答ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

fic********さん

2019/3/1009:34:00

クロフツ「クロイドン発12時30分」
倒叙ミステリの礎といわれている。

jac********さん

2019/3/1003:19:37

殺戮にいたる病
彼女はもういない(文庫版タイトル「狂う」)
ハサミ男

ons********さん

2019/3/1002:31:16

伊坂幸太郎 『陽気なギャングが地球を回す』<強盗>
東野圭吾 『ゲームの名は誘拐』<誘拐>
佐藤友哉 『フリッカー式 鏡公彦にうってつけの殺人』<誘拐等>
貴志祐介 『悪の教典』<いろいろ>

私はこの中では『悪の教典』が一番おすすめです。

kaa********さん

2019/3/1000:42:44

東野圭吾の「手紙」

犯罪者本人ではないですが、
犯罪者の弟として生きることについての小説でした。
すでに読まれてたら申し訳ないです。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる