ここから本文です

緑内障の疑いがあると言われて、視野検査をしました。一部問題があると言われまし...

aaa********さん

2019/3/1010:55:52

緑内障の疑いがあると言われて、視野検査をしました。一部問題があると言われましたが緑内障とは判断できないとのこと。発症してから何年かかからないと緑内障の判断はできないと言われましたが

、そんなものなのでしょうか?2ヶ月後また検査しましょうと言われました…

閲覧数:
284
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

unc********さん

2019/3/1015:55:19

緑内障の原因と経過については主治医さんから十分に説明を受けていると思います。
お歳が40歳過ぎなら加齢性緑内障で、30歳代以下でしたら若年性緑内障です。
原因が異なります。

加齢性緑内障について
眼内では一時も休みなく新陳代謝をしています。
これを行うのは毛様体から分泌する房水です。
用事が済んだ房水は鼻の奥にあるシュレム管から鼻へ落ち、喉で吸収され再利用されます。
問題は「シュレム管」です・
これが加齢で詰まり始めます。
排出が上手くできなければ房水は眼内に溜まって行きます。
溜まると眼の中の圧力が上がります。
これが眼圧です。
17くらいが理想ですが、22を超えた頃から境界緑内障と診断され、キサラタンと言う点眼薬が出ます。新薬もでています。
これを点眼していれば一応安心です。
しかし、放っておくと房水が視束乳頭と言う部位を圧し変形させます。
視束乳頭は網膜が得た視情報を電気信号に換える器官です。
これが十分に機能できなくなると視神経が痩せて視野を狭めます。
一旦狭くなると元にはもどりません。
視野狭窄と言います。
視野狭窄が「進んでいるねぇ」と言われるのには10~25年を要します。
どんどん進むと失明状態になりなす。
っそうならないためには定期健診が必要です。
半年に1度は受けること、点眼薬を忘れないようにして下さい。
上記は医師のお話と同じです。

若年性緑内障の原因はアトピーの治療に使われるステロイドだろうと言われます。
急激に悪化したり、治っちゃ愁いもゼロではありません。
主治医さんのアドバイスを守って下さい。

質問した人からのコメント

2019/3/10 19:57:17

まだ緑内障と判断はされてませんが、守ろうと思います!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

kei********さん

2019/3/1013:12:14

多くの緑内障は発症して時間がたたないと視野変化はでません。
OCTのほうが早めに所見が出ます。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる