ここから本文です

浮世絵でよく床に引きずるほど長い裾の着物を着た女性を見かけますが、ああいった...

sio********さん

2019/3/1100:19:57

浮世絵でよく床に引きずるほど長い裾の着物を着た女性を見かけますが、ああいった人たちは外出する時どうしていたのでしょうか?

遊郭の遊女の他に江戸時代の町民の奥さんなんかも裾の長い着

物を着ているのを見たことがありますが、買い物に行くときはわざわざ着替えていたとか…?
舞妓さんや花魁のように高い下駄を履いたり裾をつまんで歩いている場面を時代劇で見たことがないので気になります。

閲覧数:
186
回答数:
5
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

xon********さん

2019/3/1111:04:13

今も同じですよ。
引き着はからげで着てあるきます。
舞妓さんも近場なら手で持ちますが、パーティなどではからげひもしています。
引き着を着る花嫁や芸妓も同じ、時代劇も同じです。
わかりやすい画像ひろいました。
左がちょっと歩く時、褄をとっています。
右は立食パーティなど両手あけたい時、からげ紐します。
それが固定したのがおはしょりで、からげで着ると言います

今も同じですよ。
引き着はからげで着てあるきます。...

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

luc********さん

2019/3/1410:36:35

こちらの絵なんかも、一応「裾からげ」=今のおはしょりをしてるんですけどね。
http://www.photo-make.jp/image_mago/kuniyoshi_komagata_s.jpg

長い方が絵的にかっこいいので、絵の中ではズルズル。

実態はこんな感じ。
https://i.pinimg.com/originals/8d/cf/91/8dcf911a4c3a8e7f9e998041626...
https://i.pinimg.com/originals/fb/2d/93/fb2d93f8cfba1a1f6e90acfbda7...
https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQFpbkSkAQDzXT...

地面に付かないように
たすきやしごきで縛る。

プロフィール画像

カテゴリマスター

fur********さん

2019/3/1108:45:02

家の中では裾引きに、出かけるときには「しごきやかかえ帯」で帯下を上げて着ました。
それが今の「おはしょり」です。

出かけるときは、おはしょりというだぶらせた部分を、それ用の帯で止めて出かけます。

プロフィール画像

カテゴリマスター

yos********さん

2019/3/1101:25:06

外に出掛けている浮世絵を見れば分かります。
家の中では裾引き、外に出るときにお端折りを上げて出掛けます。

mik********さん

2019/3/1100:27:29

お端折りを帯下に作って、「しごき」「抱え帯」と呼ばれるもので留めていたようです。
浮世絵では帯の下に描かれています。

それでも地面に引きずる長さに描いているのは、単に絵画的なものでしょう。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる