ここから本文です

観葉植物の水やりの頻度、量を教えてください。 現在、卓上サイズのパキラ、ガ...

kob********さん

2019/3/1109:15:55

観葉植物の水やりの頻度、量を教えてください。

現在、卓上サイズのパキラ、ガジュマル、テーブルヤシ、他数種類の観葉植物を育てています。

今は、4.5日に1回くらいの頻度で水やり、その

際は鉢の中の土全体が濡れ、少し下からポタポタ垂れるくらいの量あげています。

晴れている日は毎日カーテン越しに日光浴させています。


半年くらい経ちますが、数箇所ところどころ枯れてしまったり、葉が切れてしまったり…

初めて植物を育てるのでネットで調べたりしているのですが、水の量についての記載が曖昧で分からなかったので教えてください。

閲覧数:
108
回答数:
6
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

tam********さん

2019/3/1113:25:07

>観葉植物の水やりの頻度、量を教えてください
kob********さん

・・・
正解は無数にあります・・・

与える【量】はガッツリたっぷり、ですが、ご自身の管理している環境にマッチした【頻度】を植物の求めに応じて調整できるようにならない限り厳しいでしょう・・・^^;

『水やり三年』です。ネット情報からは学べません。
お手元の、植物との『対話』から学んでください。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q101667239...
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q121538571...

  • tam********さん

    2019/3/1113:45:46

    注意すべきは水分量だけでなく『日照量』と『生育適温/耐寒性の下限値』も、ですよ。

    ネット検索かけると『直射日光を避けて・・・』とか『レースのカーテン越しの光・・・』とかテキトーな事がいっぱい書かれてるけど、ガジュマルなんかその最たるもので、真夏の沖縄/炎天下でも枯れるどころか活き活き育つ樹です。

    植物ごとの必要十分条件を正しく認識することも必要です。
    https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q142022649...

    排水溝からだって↓この通り勝手に生えてくるのに・^^;

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

poi********さん

2019/3/1212:29:33

うちのパキラは春~秋冷え込むまではベランダ直射です@東京。

葉焼けなど起こしませんし葉っぱは厚く丈夫で大きくなりますしもっさもさに茂ります。

冬場でもできるだけお日様に当てます。
レースのカーテンなど必要ないです。
冬は日差しが弱いので窓際でお日様にきちんと当てても問題ありません。
というか、お日様が当たらないと徒長してひょろひょろの幹で葉っぱも薄いです。

屋内箱入りで育てた子をいきなり直射に当てると葉焼けを起こします。
葉焼けが嫌なら徐々に日光に慣らさせる方がいいですが、葉焼けしてもその葉っぱは落ちますが新しい葉っぱはちゃんと出てきますよ^^。

強光・多湿・高温を好む子です。
きちんと育てればそれだけ丈夫に育ちます。

うちでは10センチに満たない実生苗も春~秋は屋外でがっつりお日様に当ててきちんと水やりしています。
葉焼けは起こしたことがありません。

ker********さん

2019/3/1120:09:45

水やりの間隔を調べたりするより、原生地や育つ大きさなどを調べて知ることです
そこの環境に合わせれば、間違いはありません
少々想像力も働かせてくださいね

たとえばパキラ
原産地では最大で20mになるそうです(ほんとかな?)
ということは、卓上サイズのパキラだと原生地ではほとんど陽が当たらない環境なのでは?と推測できますね
ネットで見ると、陽に当てないとウンヌンとよく書かれていますが、陽に当てていいのは、そこそこ大きくなったパキラです

またプランターの環境を、土に直植えしている状態に近づけることも必要
大地に降った雨は土中深く浸透していきます
つまり根がある辺りは水によって綺麗に保たれています
ということは、プランターをその状態にするには?
下からポタポタでは足りませんよね

まぁそういうことです

aya********さん

編集あり2019/3/1112:48:53

お二方がおっしゃっている通り、植物によって違いがありますよね。
乾燥気味が好きな植物と、水切れすると良くない植物などなど。
それぞれの育つのに適した環境がネットで検索した時に掲載されてたかと思います。
わたしは、乾き具合をみる時に、土の表面は見てもわかりますが、中はいつも割り箸を刺してみてます。刺したところを手で触れば湿ってればすぐわかりますよ。季節にもよりますが、冬場ならその後二日くらい空けて水をやる、春先や秋口はうわずみが乾き切ってたらあげる、夏場は様子を見てほぼ毎日、という具合です。
基本は乾いたらですよね。あげるときは、底から流れ出てくるまで。鉢の中の空気入れ替えです。
気温や室温、場所などでも変わってくると思うので、弱っている原因は、それぞれ。ただ、根詰まりだからといって、すぐに植え替えできる植物と、植え替えに適さない時期の植物もあるので、やはり、植物ごとに勉強が必要かと思います。葉は育っていくうちに下の方から枯れても行きます。自然現象で。葉が切れるのも鉢を動かしたりした時に、ぶつけて切れてしまうこともあるかと。見てくれを気にするならその葉は切る。ほって置いても差し支えなければそのままでも。
水の量は底から流れ出るまで。回数はそれぞれの鉢土の乾燥具合による、といったところでしょうか。

oki********さん

2019/3/1111:16:32

室内管理ではネットの情報とマッチしないこともあります。
特に冬場は暖房などを入れて室温が高く
思いのほか植物が水を欲しがるので、、
質問者さんの場合、
日当たりに関してはとても上手に管理されていると思います。
水やりのほうは先の方がおっしゃっているように
鉢ごとの乾き具合の確認が必要です。
植物によって、、さらに
購入してから植え替えしていなければ
もともとの植わっていた鉢土の状態によって、乾き具合は違います。
そして気を付けなければならないのが
土の表面が乾いていても中心部が乾いているかどうか
わからないのでその点にも注意します。
それから葉の枯れなどが気にかかっていらっしゃるようですが
卓上サイズだと鉢土の状態も限界かと思います。
そろそろ新しい土への植え替えも考える頃かと思います。

プロフィール画像

カテゴリマスター

bur********さん

2019/3/1110:39:50

何でもそうですが水遣りに決まった量・間隔は存在しません。
寒さに弱い植物だけ例外的に管理している温度に応じて
ということはありますが各々の土の乾きを確認して
乾いているものだけにたっぷりと容器の底から流れ出てくるまで
容器の縁からそっと与えるようにするのが基本です。

水やり加減もそうですが
植え替えをせず根詰まり状態でも枯れてきますし、
場所移動で環境差が大きくても弱ります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる