ここから本文です

中国が領有権を主張している尖閣諸島が実は私有地だった時期があり、国が慌てて買...

アバター

ID非公開さん

2019/3/1112:42:35

中国が領有権を主張している尖閣諸島が実は私有地だった時期があり、国が慌てて買い戻したという騒動があったそうですね。もし中国が先に気づいて、中国に買われていたらアウトでしたか?中国の財力はバカにできない

ので、簡単に買われていたような気がします。

閲覧数:
42
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mak********さん

2019/3/1121:23:49

実際に中国から買い付けがあった。前の所有者は合い見積もりを採ろうと日本政府にも購入を持ちかけた。

実際のところ、埼玉で会社を営む所有者は、日中の紛争地である尖閣を中国に売ろうものなら本業を潰されるので、建前は合い見積もりだけど、現実には日本政府に売るしか選択肢はなかった。それを見越した日本政府は、常識的な値段しか提示しなかった。一方の中国は強気な値段を提示していたので、日本政府と中国業者では値段の隔たりは大きかった。しかし、時間がそれを解決するはずだった。

そしたら石原前都知事がシャシャリ出てきて、日本政府が買わないなら、東京都が買うなんてぶち上げたんだよ。

東京都が沖縄の土地を大枚はたいて買うんだから目立つ。世間の大注目を集める中、石原は、中国に尖閣は渡さないと、中国の悪口を言いたい放題放言しまくりながら気炎を上げる。単に尖閣を政府が買うというだけでなく、隠密裏にそれをやらなくては中国世論を刺激して面倒くさいことになると気を使っていた日本政府は、石原のこの行動にビックリ。少しは日中関係に配慮をと石原をなだめようとしたのだが、中国大嫌いの石原は、中国なんか気にするな。グチャグチャ言うなら黙らせろと、戦争まで口にする始末。

石原の大立ち回りのおかげで早急に尖閣問題を解決しないといけなくなった日本政府は、ほぼほぼ所有者の言い値で尖閣を買う羽目になる。それ以上に悪いのは、日中関係は最悪になったこと。中国全土で反日デモが吹き荒れる騒ぎに。デモは一過性のもので終わったが、以来中国艦船が尖閣にチョッカイを出すようになった。

この騒動を通して、尖閣諸島が日中台の紛争地であることが世界に印象づけられた。これは、極めて痛い。それまでほとんどの中国人は尖閣問題の存在すら知らなかった。が、今や尖閣問題を知らない中国人はいない。こうなってしまうと、尖閣を日本が実効支配しているかなんか、関係ない。尖閣が日本領であることは騒動後も変わらないが、日本領である以上に国際紛争地となってしまったのだ。つまり尖閣は、日本領ではあっても、まったく日本の自由にならない土地となってしまったのである。

なお、中国で反日デモが吹き荒れると、石原はダンマリを決め込み逃げてしまった。その後、都知事の任期満了をもって引退。高齢を引退の口実にしていたけど、騒動の時はあんなに元気だったのに、それはないだろう。当時政権を担っていた民主党だけでなく、自民党まで敵に回して、政界を追放されたというのが実情。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kam********さん

2019/3/1112:50:58

そこに気づいて、前東京都知事か
都民に呼びかけて、都民の募金で島を買う予定にしたのだけど、国が横から口を出して来て、国庫を投入して、島をかいとって国有地にしたという経緯があります。

uyo********さん

2019/3/1112:49:59

例え現在日本政府が土地を買い日本の領土だと主張したとしても、
それを日本国の政治・経済・軍事の力で領有権を守れなければ中国のモノ。
世界はそういう仕組みになっている。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる