ID非公開

2019/3/11 17:32

44回答

1次エネは化石(石炭、石油、天然ガス)、核(原子力)、再生可能エネルギー(水力、地熱、バイオ、太陽光、風力など)の3種類しかなく、日本は無資源国で、エネルギー自給率が6%しかないのですから、

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。

お礼日時:2019/3/16 21:24

その他の回答(3件)

1

再生可能エネってのは自然エネで自給100%の自前資源なんだがわかっとんのか? 世界も枯渇性資源からの脱却を図って再生可能へシフト中だ。 原発随神派ってのは石炭にも固執するし、石油記入は国際重役違反への経済制裁だって常識もわきまえず、それで永遠エネなんぞを夢想するとわ、 どんだけぇぇえー? そもそもCCSとかで大地震の可能性すらムッシーなのが原発随神派だしな。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2019/3/15 9:08

再エネ(水力、地熱、バイオ:太陽光、風力など)の特徴が分かっていますか? 安定電源と不安定電源の違いが分かっていますか? 3Eの視点って分かっていますか?  無資源国、エネ自給率6%の日本が、FITを導入しないと太陽光が増えない理由を分かっていますか?  スペイン、ドイツのFIT、エネルギー政策が失敗しているのを分かっていますか? 「長期エネルギー需給見通し」「エネルギー基本計画」の内容が理解できていますか? 無資源国、エネ自給率6%、島国、工業立国の日本にとっては、化石、核、再エネの3種類しかない1次エネの全てが重要であることが分かっていますか? 原発推進と、石炭火力推進、CCSとは関係なく、上で書いたように、日本にとってはどんな1次エネも重要だという意味が分かりますか?

1

まず質問者は大間違いをしています。 1)日本は資源大国です。石油も天然ガスも大量に地下資源として国内外に独占開発権を保有しています。 2)人間が生存できる二酸化炭素濃度では、大気を暖める能力も機能もありません。スペクトル解析を知っているレベルの理科を知ってる人は、二酸化炭素に地球温暖化させる能力は無いことを合理的に知識として知っています。 当然、世界の科学者は、地球温暖化という言葉を使ってません。気候変動の可能性とう曖昧な言葉に代えました。温暖化させることは二酸化炭素では無理だからです。 主の様な間抜けな勘違いはなぜ起きるのか? 1)2)は、科学で事実です。 主はまさに、政府や官僚や電力会社に騙された馬鹿ってことです。 原始地球の大気100%二酸化炭素の時代から、現在のほぼ0%=数百ppmまで減った二酸化炭素はどこへ行ったのか? ほぼ全て生物(分析でホヤなど海綿生物)が吸収し、海底で腐ってそのまま地下に眠ってしまいました。地球地質学的な過去に、浅い海であった地域は大量の石油が存在します。 つまり、石油は絶対に無くならず、一度投資するとその場所で、ほぼタダで30年ほど石油が出続けるのです。石油とはコスト的に完全に真水より安いのです。 一度の投資に多額の費用と難しい技術がかかる様にはなってきますが、石油の単位量当たりの掘削コストはさほど上がってません。 2〜30年タダで出てくる油田を探すから、初めに金が懸かるだけです。 その必要資金を銀行など金融機関から借りるので、石油の埋蔵量は何時の時代も最大30年程度になるのです。100年〜1000年先の石油に金を貸す銀行は居ません。埋蔵量だけ分割払いで返済するだけです。1000年で分割払いされたら、銀行は潰れてしまう。 ただし、石油開発に必要な技術と資金は先進国にしかないし、掘削可能な場所は偏在してるだけなのです。 石油は基本タダで地下から人生の大半の期間は捕れてしまうので、適正な価格が存在できません。昔投資した20年前の古い設備のままで十分なんです。(メンテナンスは要りますが、単位生産量に占めるコストは殆ど無いですねぇ) そのために、軍事的、政治的に、価格が大きく変動するのです。 エネルギーミックするは科学的に必要ありません、普通に人口密集地にいれば石油とその電力で十分です。ただし、エネルギーを運ぶ手間を捕れない場合に、いろいろ必要なだけです。しかも、そのいろいろなエネルギー手段は全て石油エネルギーを使わないと全く作れません。ある意味石油の蓄電池です。太陽光も原子力も水力も同様に石油の蓄電池です。蓄電効率が最も良いのが原子力でそのために、最も危険な制御の難しい発電法でもある。リチウム蓄電池が発火事故を起こす様に、エネルギー密度が高いと危険防止制御技術が必要なのです。 日本は、資源大国です。 満州国建設がもう5年早かったら大東亜戦争も起きてないか日本勝利していたでしょう。満州日石が掘削可能な大量の石油を発見していたからねぇ。基本人種差別の戦争なので、大東亜戦争を避けることは無理だと思います。 でも、 政府や官僚機構は絶対に、日本国内で石油天然ガス資源を開発させません。 なぜなら、日本国内でのエネルギー高価格が維持できない状態になるからです。 莫大な石油税は輸入石油にかかるので、国産石油が出てきたら価格破壊になります。 電力会社は、世界で一番高い価格で石油石炭天然ガスを購入します。 ジャパンプレミア価格として世界市場での価格の指標を形成します。 電力会社は、原価主義で電力価格を設定できる特権を有しているので、原料が高いほど利益率計算で、儲けることが出来るからです。世界最高価格の石油値段のツケは、広く浅く日本国民にいくらでも回せるのです。 日本国内や海外で、安い石油が出てきてはすさまじく困る電力エネルギー企業です。 石油や燃料価格の7〜11%が電力会社の儲けになる計算だから、化石燃料の値段が高ければ高い方が、電力会社の財務体質に有利に働きます。その儲けの一部を、政治家や官僚に資金を回すのです。その結果が、政治資金と票田基盤と天下り先です。 日本に必要なのは、 石油の価格を決める方法を変えることです。 電力の価格を決める方法を変えることです。 もし、日本の新しい勢力が、日本国内で石油や天然ガスを大量に生産したら、変わるでしょうね。でも、利権団体が必死に邪魔をしているのが現状です。 日本で石油天然ガスなど国内生産できるのは戦前からの企業と場所だけです。新規開発は絶対にさせてくれないのです。 選挙が近いです。候補に石油利権を質問し、日本国内でエネルギー開発が必要だと叫ぶ政治家に投票しましょう。 長くなりましたが、以下の4点を是非覚えてください。 A)石油危機は、完全に利権による人災です。 B)8000万年分の石油が地球にある。日本は資源大国 C)CO2温暖化はデマ D)原油は生物の死骸ですので流出しても環境を破壊しません。大気に接すると直ぐに環境にもどります。油膜はどんな場合でも直ぐに無くなるのを日本人は普通に体験してるはず。

1人がナイス!しています

今話題の南朝鮮・シンガポールは、日本とほぼ同じエネルギー入手方法の輸入国です。 ベトナムは輸出国なので除きます。 でも電気代もガソリン価格も、日本の1/3以下です。 日本の政治家と官僚機構と電力会社とエネルギー会社が繋がってるから、日本人は3倍の電気代・ガソリン代で我慢してるだけです。

0

「放射脳」って何? 私は火力発電(地球温暖化の主要原因)より原発の方が人類の未来にとって良いと思っていますが貴方が何を言いたいのか判りません。 原発事故で放射能汚染が問題になっている事は知っていますが、 飛行機が落ちても皆さん利用されていますよネ。 原発も事故が有れば改善しながら使って行くべき物だと思います。 地球温暖化による弊害に比べれば原発事故の弊害の方が遥に小さいと思います。

ID非公開

質問者

2019/3/12 9:52

「放射脳」とはニコニコ大百科などで、以下と定義されています。 ①法に反する運動・行動 ②被災者・原発許容派・被災地域住人・復興支援派・観光客への差別的発言、中傷 ③被災地の農作物や物資に、たとえ1ベクレルでも放射性物質が混入していたら、ネット上で晒し上げる。若しくは不買運動を展開する ④信憑性に乏しい情報の拡散 ⑤「御用学者」「工作員」「安全厨」などのレッテル貼り ⑥政府や電力会社の発表を一切信用しない ⑦極論を好み、妥協や理解をしようとしない ⑧著名人の病気や訃報を放射線被曝と無理矢理結びつける ⑨放射線治療やレントゲン撮影などの放射能の有用性を無視する  上記の症状に共通するのは、「善意もしくは正義感からの行動」「自分に都合のいい情報源のみを信用する」点である。  専門家の意見や政府機関・NGOの分析でも、自身の意見とは合わない・都合の悪い情報は「情報操作」「デマ」として無視し、都合のよい意見のみ受け入れる。