ここから本文です

佐渡沖で起きた鯨らしきものとの衝突事故で、乗組員は白い大きなものを見たと供述...

awl********さん

2019/3/1119:07:31

佐渡沖で起きた鯨らしきものとの衝突事故で、乗組員は白い大きなものを見たと供述していますが、

鯨って白い種類もいるんですか?

シロナガスクジラは白く見えるらしいですが、日本海には分布してないそうです。

未確認生物ではないかとわくわくしている今日この頃です。

閲覧数:
51
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

chi********さん

2019/3/1711:54:49

アレは鯨だと報道されてたんで、ちゃんと見てなかったっす。なんか不審な所でもあったんすか?(笑)

船体に与えた衝撃の大きさから、どの程度の大きさの生き物だったのか概算できそうな気がするっすね。
大きさが分かれば、場所と目撃情報から大体の推定はできそうっすね。
もし、船体に肉片がこびり付いてたら、遺伝子検査で同定もできるかも知んないっす。

この手の話は、既存の知見だけでありそうな結論に落とし込んで終了すんのが常道っす。既にどこかに行ってしまった生物の同定に、手間暇かける意味がないというのが関係者の本音でしょ。(笑)
でも、事故というのは、まず原因を明らかにするのが大切で、それが次の事故の防止にも役立つっす。

災害の後に「私は予知していた」とか、死刑執行報道の後に「あの死刑囚の霊はどうたら」とか言うのは、死者や遺族の気持ちを弁えない、大変不謹慎な発言っす。
でも、事故原因に興味を持つのは良いコトだと思うっすよ。(笑)

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kor********さん

2019/3/1711:38:27

ワクワクする必要はありません。クジラです。
それに怪我人も出てるのに不謹慎。あと
今年は特に世界中で異常気象ですし
過去に同様の事故もあります。

kjv********さん

2019/3/1711:30:26

船長は「白い物体を見た」と言っているだけであって、その大きさについては触れられていません。したがって、全身が白い種だとは限りません。

コククジラは全身が濃灰色で覆われていますので、太陽光が反射して白く見えた可能性はあります。

ただし、日本近海におけるコククジラは古式捕鯨によってその数を大きく減らしため、現在の日本近海にはほとんど生息していません。

https://www.kkneko.com/rekishi.htm

次に考えられるのはナガスクジラ。ナガスクジラは右顎部が白くなっており、体を傾けたり垂直に立っていたりするとその白い部分がよく見えます。

ただし、ナガスクジラも個体数はそれほど多くなく、またジェットフォイルのような視点が高い船舶においては下側の白い部分はほとんど見えず、またナガスクジラは沖合性で佐渡海峡に入り込む可能性は極めて低いと考えられます。

最も可能性が高いのはミンククジラと推定されます。ミンククジラは胸鰭にパッチと呼ばれる白い模様があり、船長が見たものはそのパッチである可能性が高いです。

日本海にはミンククジラのJ-stock系群が生息しており、佐渡海峡も回遊ルートとして使われることが分かっています。

プロフィール画像

カテゴリマスター

sus********さん

2019/3/1203:23:24

クジラがホッピングしようとして、浮上する途中で、腹側から見たら、白く見えると思います。
また、真っ白でなくても、白っぽい体たクジラはよういるようです。

https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/photo/17/090400211/?ST=m_photost...

海面の反射や水しぶきや泡など、条件が重なれば白い塊に見えても不思議はないと思います。

mir********さん

2019/3/1119:09:15

大王イカだ。間違いない。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる