ここから本文です

履行不能の場合の解除要件として債務者の責めに帰すべき事由が必要とありますが、...

アバター

ID非公開さん

2019/3/1218:34:43

履行不能の場合の解除要件として債務者の責めに帰すべき事由が必要とありますが、責めに帰すべき事由がない場合(例えば、震災等)は解除できないってことになりますよね?その場合、どのような処理が施されるのですか

??

閲覧数:
13
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kyo********さん

2019/3/1219:12:18

債務者に帰責事由がないときは解除権は発生しません。
この場合は危険負担の問題になります。

危険負担とは、双務契約において債務者の責めに帰すべき事由によらず債務が履行できなくなった場合に、それと対価的関係にある債務(反対債務)も消滅するか否かという存続上の牽連関係の問題です。
そして、原則その負担を債務者が負う債務者主義(536条1項)です。

例外として、債権者が負担する債権者主義となります。
以下例外の場合です。
〇特定物についての物権の設定移転の場合(534条1項)
〇停止条件付双務契約の目的物が債務者の責めに帰することができない事由によって損傷した場合(535条2項)
〇債務や物の消滅について債権者に帰責性がある場合(536条2項)

つまり、原則の場合は債務者主義で債権者・債務者両方の債務が消滅します。

これに対し、上記例外の場合、例えばその債務が定物についての物権の設定移転の場合(534条1項)は債権者主義で例えその特定物が引き渡せない場合でも相手方の支払い義務は残ります。

アバター

質問した人からのコメント

2019/3/12 21:21:40

なるほど!ここで危険負担の問題が出てくるわけですね!納得できました。分かりやすい回答ありがとうございました!!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる