ここから本文です

独島は日本領?

gen********さん

2019/3/1323:00:35

独島は日本領?

76

>条約締結直近時の条約草案作成国の意図を知ることができれば良いだけのことです。
ラスク書簡は、条約の準備作業の過程の中で、そうした事情を知ることの出来るアメリカ国立公文書記録管理局にて所蔵された公文書であり、「ただの手紙」ではありませんね。
ですから、こうした資料がいつ公開されようが、それ自体は問題にはなりません


それは違うと思います。

問題となるのは「条約作成国」の意図ではなく、「条約締結国」の解釈です。
また、ラスク書簡は締結国に対しては機密で行われた単なる手紙のやりとりに過ぎず、
サンフランシスコ条約の解釈文書とはなりえません。

>また、ダレス電文(これも公開されなかった文書でしたが)の主旨は、「ラスク書簡によるアメリカの公式な立場の表明は、日本には通知をされていないが、いずれは通知をすべき。しかし、日韓間の領土紛争に関わるべきではないから、そのタイミングが難しい。しかし、問題が再燃した場合の我々の基本方針は、日韓間で解決をしなかった場合には国際司法裁判所に付託をするのが適切だとするところに置くべきだ。」とするものでした。


ラスク書簡が「条約の解釈文書」となるほどのものであるならば、それは領土紛争のカギと言っていいものでしょう。
それを機密にしておいたアメリカの罪はあまりに大きいと言わざるを得ません。

ダレス電文を読めば読むほどわかることは、
アメリカは自国の見解をもって、独島が日本領となる法的根拠と考えていないということです。

>あなたがこの文書にご執心ならば、ICJ強制管轄権受諾の拒否姿勢を貫く韓国政府も非難すべきだろうと思うが、どういうわけかそれは見られないよなぁ。

韓国がICJの共同提訴を拒むことについて、
俺は何ら非難の意はありません。
せっかく実効支配しているのに、どうしてわざわざ日本とお手々繋いで提訴に行かなきゃいけないんですか?

ただし、日本が単独で提訴した場合は、受けるべきだと思っています。
だから、俺は日本には早く提訴してほしいのです。

しかし、日本は一向にそれをしません。

>【今回の質問】ね。
別に答えなきゃならない理由なんてないでしょう?
それに応える「よしみ」を、まだ私はあなたに感じてはありませんので……

答える、答えないは基本的にあなたの自由ということになります。
しかし、ポツダム宣言は日本の降伏文書受諾をもって、条約としての法的効果を持つということは言っておきます。

【今回の質問】
ポツダム宣言8条
The terms of the Cairo Declaration shall be carried out and Japanese sovereignty shall be limited to the islands of Honshu, Hokkaido, Kyushu, Shikoku and such minor islands as we determine.

上の英文のsovereigntyとは日本語で何と訳しますか?

閲覧数:
108
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mam********さん

2019/3/1401:19:18

アメリカ合衆国政府はサンフランシスコ平和条約の主要な起草者であるが、「条約の起草者」「元宗主国」といった領域の帰属決定を主導する国家が行った判断は、条約解釈に支配的な影響を与える。
(芹田健太郎)

「条約解釈の補足的手段」について、それが非公開のものであったり条約締結交渉に参加していない国にあてたものであっても、その有効性は否定できない(小寺彰)

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

san********さん

2019/3/1410:53:01

おや、ご自身の主張とは、矛盾する事を言い出すとは、旗色が悪くなって来た様ですね
其れに前回迄散々主張していた合意云々は何処に行ったのでしょう?

閑話休題

◼️今回の論破点

>問題となるのは「条約作成国」の意図ではなく「条約締結国」の解釈です

一見尤もらしい事を言ってる様に見えますが…
条約解釈に於いて重要なのは
『当事国同士が統一された見解を得る事』
であり、当事国の解釈は問題になりません
貴方の主張では、多数国間条約の場合、各当事国が其々の解釈を主張して合意なんか得られませんよ

『国際慣習法において「合意」は条約の基本』

なのですから…


>アメリカの罪はあまりに大きいと言わざるを得ません


貴方の主張は
『SF条約をまともに読んだ事が無い』
を如実に示していますね

SF条約には
『当事国間で解釈、適用に関する紛争の解決手段』
が明記されています

もし、当事国間で解釈に関する紛争が発生したなら、条約起草国として、ラスク書簡と同様の意図を公表したでしょう
事実、ダレス電文でアッサリと、条約起草国としての見解を述べてますから

ならば何故、公開されなかったのか?については、単純に当事国間で解釈に関する紛争や異議申立てが無かっただけの事

もし、日本の解釈と自国の解釈に相違があり、其れを容認出来無いなら、其の条文に基づき、日本を然るべき場に引っ張り出すのは、其の国の責任ですね(あ、此れ、何処ぞのMY国際法研究家の言か)


因みに、SF条約に明記された、条約解釈の紛争解決に関する条項にに因り

・条約解釈は締結時に合意が必要なんダー!
・条約締結に関連した文書は全ての当事国が知らなきゃいけないんダー!

は、粉微塵に打ち砕かれましたね(元から矛盾だらけでしたが)

其れが正しいなら、締結時に統一された解釈に基づく合意が為され、こんな条文なんて要りません



>ICJ強制管轄権受諾の拒否姿勢を貫く韓国政府も

話のすり替えであり議論無用


>英文のsovereigntyとは日本語で何と訳しますか?

質問が成立していない(全てのケースをカバーしていない)ので、答え様が有りませんw

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

whe********さん

2019/3/1403:18:38

>問題となるのは「条約作成国」の意図ではなく、「条約締約国」の解釈です……

31条の文理解釈が可能なケースなら、そうでしょうな。
だが、私は条約締結国が解釈を困難とするケース、つまり32条の規定について話をしている。
この場合には、条約作成国の意図を探るしかないということ。
分かりますか?
どうか混同しないで頂きたい。


>それを機密にしておいたアメリカの罪はあまりに大きい……

機密にしておこうとなかろうと、それは(SF条約解釈の)補足的手段としての価値そのものには何ら影響の及ぼさない全く関係のない事情です。


>だから、俺は日本には早く提訴をしてもらいたい……

これは同感w
日本が単独提訴をした場合は、韓国側の応訴を期待して一緒に応援しましょうね。


>しかし、ポツダム宣言は日本の降伏文書受諾をもって、条約としての法的効果を持つと言っておきます……

お好きにどうぞw

しかし、私は【今回の質問】に答える前に

「ポツダム宣言は、受諾前段階でも合法的な内容か?」

san********さんのこの質問に、あなたはハッキリと答えるべきである、ということは言っておきますw

blu********さん

2019/3/1402:12:32

独島?地球上には、そんな島は、ないですよ!

kai********さん

2019/3/1323:12:08

>ラスク書簡は締結国に対しては機密で行われた単なる手紙のやりとりに過ぎず、

じゃあフィアリーの書簡なら証拠になるってことですね

はい終了

>しかし、ポツダム宣言は日本の降伏文書受諾をもって、条約としての法的効果を持つということは言っておきます。

ポツダム宣言自体には法的効果はありません
ポツダム宣言には日本人の署名がありませんからね
降伏文書にあるのはポツダム宣言を履行するための必要な「命令」を発しまた「措置」を取る
です
ポツダム宣言自体には法的効果がないため法的効果がありかつポツダム宣言の内容に沿ったSF条約が作られました
そしてSF条約締結に必要な「命令」を発しまた「措置」を取ったのです

ges********さん

2019/3/1323:05:55

いつまで知識をひけらかした解釈遊びをしてるんだよ?
そういうのを意味のない禅問答って言うんだよ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる