ここから本文です

2.1 Reconstituting the Standard

アバター

ID非公開さん

2019/3/1413:42:23

2.1 Reconstituting the Standard

To reconstitute the lyophilized bovine gamma globulin and bovine serum abumin standards, add 20 ml of deionized water and mix until dissolved. If the standard will not be used within 60 days, it should be aliquoted and frozen at -20 °C.
Note: The standards contain buffer salts required for solubilizing the protein.

2.2 Standard Procedure
1.Prepare dye reagent by diluting 1 part Dye Reagent Concentrate with 4 parts distilled, deionized (DDI) water. Filter through Whatman #1 filter (or equivalent) to remove particulates. This diluted reagent may be used for approximately 2 weeks when kept at room temperature.

2.Prepare three to five dilutions of a protein standard, which is representative of the protein solution to be tested. The linear range of the assay for BSA is 0.2 to 0.9 mg/ml, whereas with IgG the linear range is 0.2 to 1.5 mg/ml. (See Common Questions, question 4, for more information.)

3.Pipet 100 µl of each standard and sample solution into a clean, dry test tube. Protein solutions are normally assayed in duplicate or triplicate.

4.Add 5.0 ml of diluted dye reagent to each tube and vortex.

5.Incubate at room temperature for at least 5 minutes. Absorbance will increase over time; samples should incubate at room temperature for no more than 1 hour.

6.Measure absorbance at 595 nm.

どなたか翻訳お願いしますm(__)m

閲覧数:
21
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

f_s********さん

2019/3/1414:05:26

2.1規格を再構成する
凍結乾燥ウシガンマグロブリンおよびウシ血清アルブミン標準を再構成するには、20 mlの脱イオン水を加えて溶解するまで混合する。標準品が60日以内に使用されない場合は、等分して-20℃で凍結する必要があります。
注:標準にはタンパク質の可溶化に必要な緩衝塩が含まれています。
2.2標準手順
1.色素試薬濃縮液1部を蒸留脱イオン水(DDI)4部で希釈して色素試薬を調製します。粒子状物質を除去するためにWhatman#1フィルター(または同等のもの)を通して濾過する。この希釈試薬は、室温で保管した場合約2週間使用できます。
2.試験するタンパク質溶液を代表するタンパク質標準液の3〜5倍希釈液を準備します。 BSAについてのアッセイの直線範囲は0.2〜0.9mg / mlであるが、IgGを用いると直線範囲は0.2〜1.5mg / mlである。 (詳細については、よくある質問、質問4を参照してください。)
3. 100 µlの各標準溶液とサンプル溶液を、清潔で乾いた試験管に移します。タンパク質溶液は通常、二連または三連でアッセイされる。
各チューブに5.0mlの希釈染料試薬を加え、ボルテックスする。
5.室温で少なくとも5分間インキュベートする。吸光度は時間とともに増加します。サンプルは、室温で1時間以内にインキュベートする必要があります。
吸光度を595nmで測定する。

アバター

質問した人からのコメント

2019/3/17 21:02:43

長文なのにありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

dar********さん

2019/3/1415:50:28

2.1 規格を再編成します。

凍結乾燥しているうし科のガンマグロブリンとウシ血清abumin規格を再編成するために、20mlの脱イオン水を加えてください、そして、溶かされるまで混入してください。 規格が60日以内に使用されないなら、それは、-20℃でaliquotedされて、凍るべきです。
注意: 規格はバッファ塩を含んでいます。溶解剤のために、タンパク質を必要としました。

2.2 標準手続き
1.4つの部品で1パートDye Reagent Concentrateを薄めるのによる染料試薬に蒸留されて、反イオン化された(DDI)水を用意します。 particulatesを取り外すために、Whatman#1フィルタ(または、同等物)を濾過します。 室温で保たれると、この希釈された試薬は約2週間使用されるかもしれません。

2.テストされるためにタンパク質規格の3~5つの希釈を用意します。(規格はタンパク溶液の代表です)。 BSAのための分析評価の直線的な範囲は0.2~0.9mg/mlですが、免疫グロブリンで、直線的な範囲は0.2~1.5mg/mlです。 (Common Questions、詳しい情報のための質問4を見てください。)

3.清潔で、乾いた試験管へのピペット100ミクロlの各規格と試料液。 タンパク溶液は、通常、写しで検査されているか、または三つ組の一つです。

4.5.0mlの希釈された染料試薬を各チューブと渦に加えます。

5.室温で少なくとも5分間、かえします。 吸収は時間がたつにつれて、増加するでしょう。 サンプルは室温で1時間未満かえされるはずです。

6.595nmで吸収を測定します。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる