ここから本文です

独ソ戦でソ連が勝てたのは戦車などを生産する工場を東部に移転できたから?

アバター

ID非公開さん

2019/3/1507:25:49

独ソ戦でソ連が勝てたのは戦車などを生産する工場を東部に移転できたから?

閲覧数:
116
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cha********さん

2019/3/1517:48:31

縦深防御をしたとか、米英の支援があったとかもあるが。

単純に強いって点が見落とされがち。
近年の研究では、開戦時の混乱から数日で立ち直り、以後はドイツに対し、ずっと戦果に見合わない出血を強いてます。

戦後、ドイツ側、特に西ドイツ以西に住んだ高級将校やパウル某なんて著述家(と言うか詐話師)の自己弁護や歴史修正が酷く、また、それはアメリカの対ソ連プロパガンダと利害が一致してしまい、って状態が続きました。
それを取り除いて行くのが現代の史家。


例えば、ソ連では航空クラブとかスカイダイビングとか戦時に必要な軍務に通じる社会クラブ活動を予め民間に奨励しており、(訓練不足のまま志願した感は否めないが)パイロットや空挺部隊を早期に補充出来ている。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sil********さん

2019/3/1512:58:22

ドイツの戦力がハナから少なすぎます。ソ連はドイツが限界に達するのを待ってれば勝てるのが分かってましたし、情報戦でも優位でしたから、負ける要素がありません。

tlk********さん

2019/3/1508:48:44

広大な領土が有り人口が多く軍需工場をウラル以東に移転させる事が出来た事でしょうね。
ドイツ軍に占領される地域は焦土作戦で利用出来ない様にしていました。この為にドイツ軍は行動する為の燃料・食糧・資材をドイツ本土から運んで来ないといけなくなったのです。(これに膨大な数の捕虜と占領地の住民の面倒も見ないといけないのです。)
当時のドイツの人口は約5000万人でソ連の人口は約2億人であり軍人に動員出来る人数も違うのです。
ドイツはフランス侵攻では各地に設けられたガソリンスタンドに貯蔵された燃料を軍用車両に利用する事が出来ましたがソ連ではガソリンスタンドが無く燃料貯蔵施設は撤退に際して焼き払っていたので利用出来ませんでした。(ドイツ本土及び占領地には油田が無く石油は同盟国のルーマニアから入手するしか無かったのです。)
ソ連はコーカサス地方に大規模な油田があり燃料に困る事は有りませんでした。
フランス侵攻ではフランス国内は道路・鉄道網が整備されておりドイツ軍の進撃に支障が出なかったがソ連ではドイツと鉄道軌道の幅も違い鉄道輸送にも支障が出ました。(ポーランドで積み替えをしないといけなかったのです。)
道路は整備されておらず雪解け時期には泥濘と化していました。
ドイツ軍の進撃速度が早く効果的に輸送を行うには前線近くに滑走路を建設して航空輸送するしかなかったがここで重要なのは制空権の維持と十分な数の輸送機が無かった事です。(輸送機の搭載量が少なく大量の機体が必要だったが空軍が重視していたのは戦闘機や急降下爆撃機への補給でした。)

inn********さん

2019/3/1508:44:55

戦線が延びきって補給が間に合わない孤立惨敗
独裁者は大型爆撃機を重視しなかった

プロフィール画像

カテゴリマスター

nih********さん

2019/3/1507:59:40

それもあるし、広大な領土で焦土戦に持ち込めたのも大きい。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる