ここから本文です

xがpからqまで変化する時、関数f(x)=−5x^2+5x+3の平均変化率をpとqの式で表す...

syo********さん

2019/3/1517:45:04

xがpからqまで変化する時、関数f(x)=−5x^2+5x+3の平均変化率をpとqの式で表すとどうなりますか?教えてください

閲覧数:
8
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mih********さん

2019/3/1517:50:44

(f(q) -f(p))/(q -p)
=(-5q^2 +5q +3) -(-5p^2 +5p +3)/(q -p)
=(-5(q^2 -p^2) +5(q -p))/(q -p)
=(-5(q +p)(q -p) +5(q -p)/(q -p)
=5(-(q +p) +1)(q -p)/(q -p)
=5(1 -q -p)

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる