ここから本文です

ヘンデルについて教えて下さい。 バッハは現在聴いても素晴らしいというか、凄ま...

yan********さん

2019/3/1703:16:31

ヘンデルについて教えて下さい。
バッハは現在聴いても素晴らしいというか、凄まじい音楽ですが、ヘンデルは悪い意味で初期モーツァルトのような典型的なつまらない音楽です。

なぜこれほど持ち上げられているのですか。

補足つまらないという言葉が不適切でしたね、「くだらない」のです。
そのくだらなさはハイドンと似ていますね。

閲覧数:
274
回答数:
13

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hor********さん

2019/3/1714:48:29

ヘンデルがあまり好きではない私が言うのもなんですが、ひとまとめにされることが多いバッハとヘンデルですが、その音楽の方向性は明らかに違うので、バッハのベクトルで評価しようとしたらそれは正当な評価にはならないと思います。
バッハと違って、ヘンデルは時代の流れに合わせて簡明な音楽を書いて古典派の胎動を準備した人なので、その流れでみないと。
バッハを除く後期バロックから前古典派、そしてモーツアルトなどの古典派へという流れをたどっていくと、音楽史におけるヘンデルの役割というのが見えてくるのではと思います。

まあ、あまり偉そうなことを書ける立場じゃないんですが。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/12件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

wgp********さん

2019/3/2304:06:29

個人的にはバッハの方がつまらない音楽だと思います。そのまま歴史に埋もれているべきだった人物だと思いますね。

car********さん

2019/3/2300:34:10

ヘンデル好きですよ。

面白いです。

メサイアの軽快なリズムとか。バッハとは全く違う面白さです。

shi********さん

2019/3/2018:33:04

①オラトリオ「メサイヤ」(ハレルヤコーラス)

②水上の音楽(アラ・ホーンパイプ)

③オンブラマイフ(ラルゴ)

④私を泣かせてください 歌劇「リナルド」

⑤調子のよい鍛冶屋

⑥サラバンド

⑦見よ、勇者は帰る



これらの曲は、まず、バッハでは無理。

特に、①、③、④、⑥は、感受性の強いヘンデルならでは。

他の作曲家には無理。

jan********さん

2019/3/1921:54:17

オルガン協奏曲4番もダメですか?
2楽章
https://youtu.be/INIq2O2fr40?t=263
サムは陶酔します!
聴いてみてちょ!

オルガン協奏曲4番もダメですか?
2楽章
https://youtu.be/INIq2O2fr40?t=263...

nep********さん

2019/3/1921:49:17

心配無用‼
質問者様の疑問は、クラシックファンの多くがかかるハシカのようなもの。
いずれヘンデルの豊かさ、ハイドンの「大人の」センスがわかる時が来ます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる