ここから本文です

5.7×28mm弾って最強ですか?

abc********さん

2019/3/1718:37:50

5.7×28mm弾って最強ですか?

デメリットありませんよね?

閲覧数:
27
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jp_********さん

2019/3/1720:46:33

「ピストル弾」としてならかなり優秀。そもそもアーマーが普及した現代で、それを貫通できるポテンシャルがあるのだけでもすごい。
ほとんどのピストル弾にはできないことで、近年の軍用におけるサブマシンガンの地位低下もアーマー普及が原因の一つだから、これは大きい。
しかし小さいケースの関係から込められる薬料は少なく、殺傷威力はピストル弾を超えられるものではない。(たとえタンブリングしたとしても)。射程も同様。
だから一般的なアサルトライフルと撃ち合えば確実に火力負けする。従来のサブマシンガンやピストル以上の役割を押し付けるのは無理があり、サブマシンガンとしても近年はライフル弾を使うコマンドカービンの登場により、トータルメリットは相対的に低くなってしまっている。
よく聞く、優秀なのだが導入コストが・・というコメントがよく的を射てると思う。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

jon********さん

2019/3/1721:57:50

悪く言うと、威力が中途半端で、汚れや砂塵に対して弱く、値段が高い、ですね。

威力が良くも悪くも拳銃弾以上アサルトライフル弾未満です。
拳銃から発射するには銃身が短すぎ、エネルギーロスが大きいです。
P90の10.4inでも短くて、民間使用のPS90の16.4in銃身のほうが初速が上がります。
しかし、16in銃身の銃にはもっと強力な5.56x45mm弾を使用するM4カービンがあります。

薬莢にテーパーがかかっていないことが一番のデメリットですかね。
砂塵に対して弱くなり、装弾・抜莢の不良の原因となりえます。
発射時の薬莢の膨張による薬室への張り付きも問題になります。
7.62×39mm弾のように薬莢にテーパーがかかっているのはこのためです。
薬室からの抜莢のためにポリマーコートされているのでコストがかかります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる