ここから本文です

江戸時代は戦争もなくて金かからないはずなのになぜずーっと経済低迷していたんで...

zen********さん

2019/3/1913:20:24

江戸時代は戦争もなくて金かからないはずなのになぜずーっと経済低迷していたんですか?
金が堀りつくされて取れなくなったから、だけでは納得いきません。

それと、大名に金使わせるために

参勤交代させていましたが、てめえ(幕府)の都合で江戸に行かされるんだから交通費出せ!とはどの大名も言わなかったんですか?

補足大名は参勤交代やらで無駄金使わされて貧乏、というのはわかりますが、ボスである幕府もずーっと貧乏でしたよね?
なぜでしょうか?

閲覧数:
113
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kaz********さん

2019/3/2415:05:00

1:
江戸経済低迷の理由について

江戸時代の日本には
メタル以外の 有力な輸出商品が 存在しなかったためです
:金 ・ 銀 ・ 銅 など


【 備考 】
しかも 江戸初期から中期の 100年間の間は
過去に採掘された金銀をふんだんに使い
3代将軍 家光公が ありえないほどの贅沢をしてしまいました

また( 当時の日本では未成熟であった )
絹や絹織物などを海外からの輸入に頼り
莫大な金銀が 日本国内から 諸外国に吸い上げられてしまいます

さらに 金鉱が枯渇し
幕府が供給する金銀が減少しても
絹や絹織物の輸入は需要が多く
数量規制をしても 密輸という形で購入されます

元禄改鋳で
金の含有量の少ない小判が 海外の輸出業者に嫌われると
絹や絹織物などが日本に輸入されにくくなり
価格が高騰してしまいます
なので ( 絹や絹織物が輸入しやすいように )
海外向けに純度の高い銀貨が制定されたりします


こうなると
幕府は慢性的な 金銀の不足 という状況下におかれる上に
金の含有量の少ない流通貨幣を増産せざるをえなくなりますが
商人は 金の含有量の多い古い小判を蔵に隠し
過去に鋳造した小判は幕府に戻らず
金銀は ますます不足してしまいます

仮に日本に有力な輸出工業品が存在すれば
常に貿易赤字とはならず
金銀の海外流出が抑制され
国内で流通させる通貨も増産できただろうし
経済も大幅に上向いたかも知れません

それでも
通貨の改鋳を繰り返し その流通量を増やし
天保銭や鉄製の4文銭の制定などの政策のおかげで
江戸中期に比べると
江戸後期の大工さんの給与は2倍以上になっていますので
よく頑張ったのではないかと思います



2:
てめえ(幕府)の都合で江戸に行かされるんだから交通費出せ

こんなことが幕閣に聞こえれば
即改易です
上野沼田藩の真田信利公は
5代将軍から
「 両国橋の再建に必要な材木を都合せよ 」と命じられ
納期が遅れたがゆえに
即改易となっていたりします

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ojy********さん

2019/3/1915:51:59

経済の停滞なんてありません
右肩上がりです

しかし、幕府や大名は米に依存していたから
経済の伸びについていけなかった

米依存から脱却した藩はそれなりに儲けてます
長州とか薩摩とか

あと、参勤交代は金を使わせるのが目的ではない

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

yoh********さん

2019/3/1914:26:58

>ずーっと経済低迷していたんですか

ずーっと経済低迷していません。幕府やそれぞれの藩が、経済の変化に対応できなかっただけで、商人には豪商となるものも出て来ました。江戸時代の後半になると、農漁村の経済も、商品作物の普及やその肥料にするためのいわし漁などで豊かになるところがでてきます。隷属農民も減少しています。
元禄文化や化政文化は経済的に余裕のある社会的背景があったから生まれてきました。国定忠治や清水次郎長などのヤクザ者も、後期の経済発展の中で、博打が流行していった中で勢力を拡大していきました。

江戸時代を通してずっと低迷していたわけではありません。

武士が経済的に苦しくなっていったのは、米の価格が安くなっていったのに、いつまでもそれに頼っていたからです。それでも「米将軍」といわれた吉宗の享保の改革の頃はなんとか米収入の増大である程度回復できましたが、そのあと、田沼意次がせっかく商業重視の政策を出したのに、それを理解できる政治家が続きませんでした(田沼は賄賂政治で失脚)。かえって贅沢禁止令などを出して経済活動を冷え込ませるような政策を出したりしていたのをみると、要するに、為政者に経済学のセンスがある人がいなかったのでしょう。武士の教養とされるものには「経済」が抜けていた、むしろカネ勘定をすることは武士に相応しくないと思っている人のほうが普通だった。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

mar********さん

2019/3/1914:02:52

>ずーっと経済低迷していたんですか?

そんなことはありませんが?
武家が貧乏だっただけです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

jun********さん

2019/3/1913:59:54

人件費が高過ぎたからです。
現在、日本の国家公務員数は約60万人です。
一方、徳川幕府の旗本、御家人の総数は、
陪臣まで含めば7~8万人と言われています。
江戸時代のGDPは、現代と比べて、二十分の一くらいなので、
本来、雇用可能な旗本、御家人の人数は、
3万人程度でしょう。
それなのに、8万人も雇用していれば、そりゃ貧乏にもなりますわ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

kaw********さん

2019/3/1913:56:08

貿易がないと外貨もはいらないのですから当然では。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる