ここから本文です

お祈りメールはなんでいまだに使われているのですか?

bro********さん

2019/3/2010:43:02

お祈りメールはなんでいまだに使われているのですか?

閲覧数:
29
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

car********さん

2019/3/2010:45:05

楽だから。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

chi********さん

2019/3/2022:40:26

もしかして、なんて期待を抱かせるのが不憫だから。

bas********さん

2019/3/2013:50:29

間違いないです

coc********さん

2019/3/2011:48:35

必ずしもすべての企業が使っているわけでなく
就職試験で落としても、不採用の連絡すらせず
音沙汰無しの企業もあるし
「一カ月以内に連絡が無ければ、縁が無かったと
思ってください」という企業もあります。

そこと比べたときに、お祈りメールは親切です。

複数社受けてて、他社の面接を受けている時に
「他の会社も(就職試験を)受けてますか?」
と聞かれたとき
「御社一本です」の方が印象が良い。

でも、その社が第一志望でないときには
「他も受けています。」と答えて
内定が出たときに、
「他社の内定が出そろってから
考えさせてください。」
と言わなきゃいけない。

不採用の連絡が、あった方が
他社は落ちたから
「御社一本です」と言える。

お祈りメール以外の、もっと良い連絡手段や
文面があったら教えて欲しい。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる