ここから本文です

総務省が端末と回線を分離して携帯料金の値下げを

アバター

ID非公開さん

2019/3/2020:21:20

総務省が端末と回線を分離して携帯料金の値下げを

させようとしていますが、私は今のやり方では大して下がらないだろうと思います。

今のキャリアはARPUを下げぬよう高額な大容量プランはパケット単価を思い切り引き下げ低額な小容量プランは思い切りパケット単価を引き上げて、大容量プランへ誘導しています。
データ通信料金は通信料金に応じて公平に負担すべきものであり、パケット単価に極端な差をつけることは極めて不公平です。

また、現状の段階別定額料金は5Gを超えたら20GBまで一定というキャリアの利益最優先の区切りになっています。

このような歪んだ料金プランを是正させるため、以下の様な施策が必要と考えます。
①容量に応じてパケット単価を変動させることを禁止する。
②段階別の定額制は禁止し完全従量制に移行させる。

以上で極めて公平かつ無駄がない料金プランが出来上がります。

ドコモの30GBプランであればパケット単価は1GB270円程です。
この単価で従量制にすれば1GB270円、3GB810円、10GB2700円という大変リーズナブルな価格になります。

この様な事を書くとドコモが潰れるという主張する人が現れますが数年前までドコモは高額な月々サポートを設定する事で3GB500円で利用できていました。
その時もドコモは黒字決算でした。
分離プランで月々サポートがなくなるのですから私が言うようなプランにしてもドコモが潰れることはありません。

他にもっと良い案をお持ちの方、異論反論ありましたらご意見をいただきたいです。
よろしくお願いします。

閲覧数:
209
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sat********さん

2019/3/2020:55:29

ぐうの音も出ない正論ですね。
付け加えさせていただくなら以下2点かと思います。

①端末販売と回線販売の完全分離
分離プラン開始に当たり国民の不満を総務省に向けるため3キャリアは端末の価格を希望小売価格で固定するでしょう。総務省の介入で端末が高額化したと見せかけるためです。
キャリアが端末販売する限りメーカーは自由に商品を流通させることができず価格競争も起こりにくくなります。キャリアの端末販売は禁止すべきでしょう。

②キャリアのサポートの適正化
キャリアショップや電話でタダで端末操作のサポートをしていますが、これも携帯料金で巻き上げたお金が投入されています。
端末販売禁止に合わせて止めさせるべきでしょう。
端末のサポートはメーカーにまかせることで肥大化したキャリアのサポート体制を適正化すれば値下げの原資になります。

「携帯端末とは」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

zum********さん

2019/3/2120:57:08

主張は自由だけど
日本人の大嫌いな共産主義ですね

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

esz********さん

2019/3/2023:03:48

パケット代の値下げはサブブランドなどで行われているので、三大キャリアは電話のみ。
パケット通信はサブブランドでやったらいいのでは?

ろくに電話・ネットをやらない人にスマホも三大キャリアも必要ないでしょう。

NHK受信料の判決もあって、三大キャリアを盲目的に使い続ける方が阿呆と言われるだけです。
株やリアルタイムなゲームでもするならともかく、YouTubeを一日見たければ光回線を自宅に引けばいいのです。

jco********さん

2019/3/2020:39:09

こんなところで言ってどうするんだよ
行動に移して来てどうぞ
ID非公開さんwwww

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる