ここから本文です

何か極真の試合のローって、それしかする事がないからしてるという感じがしません...

oka********さん

2019/3/2102:24:27

何か極真の試合のローって、それしかする事がないからしてるという感じがしませんか?

閲覧数:
74
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kik********さん

2019/3/2117:03:47

最近の試合見てるとそう見えますね。手数多く見せるためのローが多いように思います。
しかし、黒澤の全盛期や数見選手が活躍した頃はローでKOしてました。第16回全日本の黒澤は準決勝までは確か全てローでKOしてましたし、数見選手なんかグラウベの大腿骨をローで剥離骨折させました。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hat********さん

2019/3/2123:09:40

蹴りやすいですからね

cro********さん

2019/3/2116:10:01

正道会館がだしたフルコンの教本によると
フルコンタクト空手の攻撃優先順位は
①肝臓
②頭部
③腹部
です。

胸元や太ももは4番目です。

何が言いたいかというと、フルコンタクト空手においてのローキックはボクシングでいうところのジャブに相当する技です。

選手同士の実力差がある場合は質問に書いている事は必ずしも間違っていないと思います。強い方は①~③は相手が優先的に防御し弱い方はそこを攻撃しても意味がない事をしっているので防がれにくいロー、胸元を攻撃していきます。
でも本当は①~③を攻撃したいんですよね。

参考になれば幸いです。

kch********さん

2019/3/2110:40:52

ご指摘の通りです。極真ルールは顔面パンチがなく更に手数や押し出し等が判定に優位となりますのでどうしても接近戦の攻防となります。となると蹴りはローか膝蹴りしか出せませんね!

gol********さん

2019/3/2110:06:55

テコンドー、柔道、剣道などのように
技がキレイに入っただけではポイントにならず、
極真ルールだと相手にダメージを与える必要があるので
顔面パンチ無しで下半身を狙えるルールだと
そういう戦い方が効率よく勝てるのだと思われます。

unk********さん

2019/3/2104:05:01

ローよりも胸元へのパンチのほうが
数が多いと思うけど。

というか、MMA以外は大体そうなのでは?
ボクシングだって殴ることしか無いからしてる、
みたいに思うわけ?

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる