ここから本文です

中古の3階建て住宅を購入予定なのですが、基礎の部分で気になることがあります。 ...

x_j********さん

2019/3/2108:24:20

中古の3階建て住宅を購入予定なのですが、基礎の部分で気になることがあります。
基礎の周りに犬走りがあるのですが、建物の右端から左端にかけて基礎の見える高さが違っているのです。

基礎か犬走りのどちらかが水平でないことになります。

9mに対して18cm程の傾きです。
画像の赤ラインのように犬走りがあります。
画像の右端が見掛の基礎高さ19cm、真中が8cm、左端は1cm位しか高さがありません。

建っている場所は特段の傾斜地ではありません。
建物の正面からみると左右の基礎高さは同じです。(この立面図は建物裏側)

どのような理由が考えられるでしょうか?
仲介業者は土地が傾斜しているからと言ってましたが、どうしても犬走りだけ傾斜させいることが納得できません。

犬走り,基礎,左端,立面図,右端,建物,敷地勾配

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
14
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

oni********さん

2019/3/2108:41:12

敷地が傾斜している場合、後でコンクリートを打つ犬走りを敷地勾配に合わせて打設する場合は結構ありえます。
傾斜地でないかどうかは目の錯覚もあって一見でわからない場合もあります。
ご質問のように犬走りの高さに差があるなら、敷地が傾斜していると判断することができると思います。
犬走りも建物に合わせて水平にするなら、地面全体を掘り下げるか、建物基礎を通常以上に高くするかでしょうね。その場合は正面側にできる段差が大きくなります。
法など様々な理由で高さ制限が抵触する場合もあります。3階建てなら法の規制が多いので、できるだけ高くしたく無い設計されるなら、掘り下げる判断が正しいかもしれませんが、掘り下げると水分、湿気が建物に入りやすいので避けるでしょうね。

それでも傾斜していないと思われて納得できないなら専門の水平を計測できる測量器で測るしかないですね。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる