ここから本文です

ゴルフスイングのヘッドスピードは体のどの部分で生み出すものなんでしょうか?

shinobu9512さん

2008/11/911:44:35

ゴルフスイングのヘッドスピードは体のどの部分で生み出すものなんでしょうか?

閲覧数:
1,354
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

lwh********さん

2008/11/912:21:15

一番は前腕。
次は、腕の振り。
その次が、腹や腰、背中の部分。
それを最後に止める為の筋肉。

ただ、大抵の人は腕は振れるからその他の部分がクローズアップされます。
ボディーターンをしなさいと唱えた大元の人は腕を振るななんて言っていない。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

qnb********さん

2008/11/1223:50:21

下半身と左の壁だと思います。
上体は力まずに柔らかくする事がポイントではないでしょうか。

トップから左足を踏み込んで腰を回していく事で上体が引っ張られます。
そこで勢いが付いたクラブを左の壁でブレーキをかけてやる事により更にヘッドが
走ります。

umb********さん

2008/11/1013:54:48

自己流ですが、インパクトエリアで、左ひじ支点で右ひじを
どれだけ素早く伸ばせるか、にかかっていると思っています。
一言で言えば「利き腕パワーの活用」です。

左ひじを支点にして、前腕をねじって、左掌を上空に向けて
みてください。これがフォロー初期段階のイメージです。
ボールを打ち抜くまで左脇を開けなければ、右ひじを伸ばした
とき、結果的に右手首が「への字」のカタチになるはずです。

ダウンのインパクトエリアで、左肘を支点としてクラブヘッドを振り、
上体とクラブの動きが一体化、同期していれば、右腕のパワーを
活かせますので、HSが上がります。

仲部 優さん

2008/11/921:47:12

1. もちろん下半身です

2. 1番は右足の蹴り(ふくらはぎとふともも)
そのためには足でそれを支える左足すべての筋肉

2番は腰回りの筋肉を使った腰の回転(背筋と腹筋、それとお尻周りの筋肉)

3番は腰から上の肩のひねり戻し(念転から解放)

4番はここでやっと両腕の縦方向の振り下ろし

5番はリストコック

6番はその身体の回転力に見合ったシャフトの曲がり(硬度)と
ねじり(トルク)戻す力

賢いゴルフの考え方やスイング理論を研究してみて下さいネ!

hak********さん

2008/11/912:17:57

最大の動力源は胴体、特に腰から下の下半身です。ヘッドを身体の周りを
回転させるために身体の各部分がどのくらい動いているかを調べれば
確認できます。
たとえば、両手は、トップオブスイングでは右肩のそばにあり、フィニッシュでは
左肩のそばにあります。
両手はスイングの間にこのわずかな角度しか移動していないのです。
それに対して腰は、トップオブスイングでは飛球線に対して右に45度、
フィニッシュでは左に90度以上、つまり、重い上半身を乗せたまま右から左に
135度も回転しているのです。
これを見れば、ヘッドスピードの主動力源が下半身であることが明白です。
くわしくは下記サイトのなかの「こうすれば必ず飛ぶ」をお勧めします。
http://www.geocities.jp/hakkenroku21/drive.html

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる