ここから本文です

実家から大阪へ行ったときに、南海トラフ大地震が来ると、大阪にも津波が押し寄せ...

アバター

ID非公開さん

2019/3/2122:02:12

実家から大阪へ行ったときに、南海トラフ大地震が来ると、大阪にも津波が押し寄せることから、暫くは避難所生活で実家には帰れなくなるのでしょうか?

ちなみに僕は統合失調症なのですが、薬の詳細を貼ったお薬手帳を持っていけば、必ず薬は出してもらえるものでしょうか?

閲覧数:
58
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

han********さん

2019/3/2122:30:26

私は阪神間に住んでいます。
現在はこれからの震災時のことについてかなり準備ができ、
阪神大震災の時よりも避難や物資輸送は迅速になっているでしょう。

しかし津波が来れば確実に避難所生活にはなると思います。
高台に住んでいない限り、ところによっては避けられないですし、
鉄道や飛行機といったものもダメージを受けると思います。

薬も手帳を持っていても多くの被災者が同じようになるので、
必ずしも必要な薬が途切れることなく処方されるかというと、
そういう物資も足りなくなるでしょうから確約はできないと思います。

人工透析、人工呼吸器などを付けている人が
すぐに命の危険に晒されるので、
トリアージによる見極めが優先になると思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yon********さん

2019/3/2517:39:37

南海トラフ地震が発生してもその当日の気象や震度により被害区域は大きく異なります。
その為、想定外の事が起こるのが震災だと踏まえ、日頃から防災マップを頭に叩き込んでおき、避難経路を確実に確保できるよう心掛けて下さい。

また、持病をお持ちとの事ですので、緊急避難時に服用できるよう事前に医師に処方をしてもらい、緊急避難時に持ち出せる荷物に必ず入れておかれる事です。

その際は調剤薬局に提出する処方箋を医師から発行してもらえますが、その処方箋のコピーを取っておかれ緊急避難荷物にも入れておかれると避難所での行政検診の際に他の医療機関の対応がスムーズに行えます。

kit********さん

2019/3/2209:53:37

大阪湾は間口が狭くなかが広いので直撃の被害では無く広域の冠水被害だと思います
水さえ引けば長期の避難所生活は無いと思います

薬に関しては手帳に記載された薬なら在庫次第で頂けます、ただし津波による水害なので薬の保管場所が濡れず無事がどうか
万が一薬の供給が滞り生命維持が困難で有れば遠望搬送等の対策をします

yuu********さん

2019/3/2122:28:11

ご実家と大阪との距離が分からないので、何日と正確には言えませんが、数日は避難所でしょうね。
私は、東日本大震災で1日いただけで辛かったです。
でも、いま、病気とか障害の人に配慮した避難所をつくろうと頑張っている人たちがいます。
そして、災害の時には、家に帰れるように、色々助けてくれる人が必ずいます。
薬も、東日本大震災までは、傷薬とかが必要だと思われていたようですが、あの時からは、みんなが普段飲んでいる薬が必要になるんだ、と病院の人たちで共有されています。
だから、大丈夫です。
お薬手帳があれば、お薬は出してもらえます。

you********さん

2019/3/2122:14:58

あまり心配しても仕方ないですよ

お薬手帳があれば他院にかかっても同じお薬を出して貰えます

手元にお薬手帳がない場合を考えて私はスマホでポケットファーマシーのお薬手帳にも登録しています

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる