ここから本文です

漢文における断定の意味について。

ww2********さん

2019/3/2219:47:46

漢文における断定の意味について。

もしかしたら2つとも例外的な者だったのかもしれませんが、次の文章を基礎的な問題集で読みました。

来此絶境、不復出焉。(此の絶境に来たり、復た出でず。)
不敢不告也。(敢へて告げずんばあらざるなり。)

両者共に文末に断定の意を持つ字がありますが、それによって過去の話題となっているみたいです。ただの古文では断定は断定、過去は過去の助動詞がありますが、漢文では異なるのでしょうか。それともここでは省かれていて、文脈から過去と捉えられる文章だったのでしょうか。

閲覧数:
30
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

plm********さん

2019/3/2707:38:08

焉や也に過去の意味はありません。
漢文には英語のような過去形・現在形・
未来形という時制はありません。
ですので、嘗(かつて)のような
明らかに過去の意味がある漢字が
含まれるような場合以外は、
文脈で過去かどうかを判断します。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる