ここから本文です

司法書士試験 問題

bra********さん

2019/3/2316:19:18

司法書士試験

問題

不動産の譲渡担保権者が,その不動産に設定された先順位の抵当権の被担保債権を代位弁済したことによって取得する求償債権は,譲渡担保設定契約に特段の定めがない限り,譲渡担保権によって担保されるべき債権の範囲に含まれない。

解説
譲渡担保権者は、目的不動産の価額から、先順位抵当権によって担保された債権額を控除した価額についてのみ、優先弁済権を有するに過ぎないから。
これは、譲渡担保が先順位抵当権者には対抗できないからですか?
いまいち想像できません

閲覧数:
22
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

zac********さん

2019/3/2317:11:00

譲渡担保権者は抵当権の被担保債権を代位弁済したので、先順位抵当権を代位行使できる地位にあります。(500条)
なので、後順位譲渡担保権の被担保債権の範囲に含む必要性などまったくありません。

  • 質問者

    bra********さん

    2019/3/2510:42:39

    なるほど、理解できました。
    たびたび、感謝いたします。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる