ここから本文です

中国の現行戦車の砲塔生産風景ですが、前面先端の楔形部分は中空装甲のようです。...

ant********さん

2019/3/2321:15:31

中国の現行戦車の砲塔生産風景ですが、前面先端の楔形部分は中空装甲のようです。他国の似たデザインの砲塔の戦車も楔形部分は中空でしょうか?

中空装甲,楔形部分,砲塔,外板,砲塔生産風景,現行戦車,楔型

閲覧数:
128
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sgt********さん

2019/3/2409:16:47

画像で確認できるものはただの一枚板ですから、10式戦車と同様の単なる化粧板ですね。小火器の普通弾ぐらいなら防げるレベルで「空間装甲」と云えるか微妙なところです。
注目すべきは砲塔前面の架台です。
形状から恐らくここにERAを取り付け、更にその上を画像の様な化粧板で覆うと考えるべきかと思います。

他国の楔型装甲の構造は以下の通り

■10式戦車:装甲モジュールカバー
つまり、特殊装甲の形状を隠すために覆い

■レオパルト2A5以降:ショト装甲(Schott-panzerung)
「Schott」は「隔壁」という意味ですから「隔壁装甲」とも訳されます。さらに意訳として「中空装甲」や「空間装甲」とも記述されます。10式戦車と異なるのは外板が3層から構成されていることでエラストマー(elastomer)をサンドイッチしたNERA(非爆発性反応装甲)の可能性もあります。
採用当時の説明(ドイツ軍大佐)によるとKE弾にも効果があるとされていたことからAPFSDSに対する偏向効果もあるのではと推察されていましたが、120mm級のAPFSDSにはほぼ意味が無いと思われ、20~30mm級の機関砲用KE弾対処と考えられます。

■メルカバ(MkIIIまでの基本装甲):多重空間装甲
HEAT及びAPDSに対し効果がある多重空間装甲
KE弾に対して楔形の外板は貫徹されるために配しており、避弾経始ではないと開発者のタル将軍が明言しています。

■メルカバMkIV及びMkII、IIIのドルダレッド
破壊された写真から薄板積層多重装甲であることが分かり、NERAと判断できます。

  • sgt********さん

    2019/3/2520:58:24

    相変わらず何も知らない回答者様がデマ発言をしていますね。

    10式戦車については「10式戦車仕様書」にしっかり書いてあります。
    モジュール装甲カバー:モジュール装甲及びその取り付け個所を覆う構造とする。
    ※先回答で「装甲モジュールカバー」と誤記してしまいました。「モジュール装甲カバー」と訂正してお詫びします。

    >ところが複合装甲ではない機動戦闘車も同じ構成を採用しています。

    軽装甲車両を重装甲車両と同意に捉えるところが勉強不足
    戦闘機動車は小銃弾を防ぐ程度でも立派な増加装甲となりますが、戦車はそもそも最低でも重機関銃徹甲弾対処がある事に留意すべし。
    つまり、同じ厚さで同じ構造の中空カバーでも片や、目隠し用にしかない得ないが、片方は実用的な付加装甲になり得るのです。

    中国の戦車のものは10式戦車やT-90Mと同様の化粧板と判断するのが識者の判断です。

    そもそも中国はERA使っていると言っています。

  • その他の返信(5件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/3/26 16:26:34

ありがとうございました!!!!!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

cha********さん

2019/3/2420:15:57

中空装甲です。
複合装甲を隠す云々はデマですが、後で説明します。

支えの梁が装甲を兼ねている場合もあります。
と言うのは、レオパルト2のような基本型が弁当箱みたいなタイプは、防盾と砲塔のさかい目辺りが細くなり、あそこに斜め前から砲撃されると、(防盾に照準器の穴があることもあり)意外に弱いとされます。

そこで梁が構造的な補強だけでなく、装甲兼用で入っているとされます。

楔型ではありませんが、ルクレールは雑具箱兼用です。

さて、複合装甲を隠すためではないと言う理由ですが。
確かに10式はあれと主装甲の間にモジュールを挟むらしいのですが。

ところが複合装甲ではない機動戦闘車も同じ構成を採用しています。
つまり、やはり中空装甲として取り付けている訳です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

eb7********さん

2019/3/2406:32:56

はい、仰る通り”中空装甲”ですね。
おそらく、このハシゴ形のフレーム構造に数cmの薄い複合装甲を固定して砲塔外周の基本外形とするのでしょう。
そしてさらにその外に楔形の付加装甲を付けると思います。
中空装甲の多層化はHEATのタンデム弾頭対策ですね。

戦車の砲塔は旋回性能も重要ですから周囲に重い物を取り付けません。しかし防護性能を確保するために中空装甲を活用します。シルエットが大きくなるのが難点です。

中空装甲内は単なる空間で何も入ってないはずです。
もしかすると、写真のハシゴ形の空間上部にフタを付けて食料や衣類とかの軽い小物入れにするかも。(笑)

ipp********さん

2019/3/2322:28:07

断面が見えている楔形部分の横に骨組みのようなものがありますが、楔型の外形より明らかに一回り小さいので外板の支えじゃないですよね。となるとその骨組みの上にERAか何かを貼り付けてから外板で保護する構造かもしれません。

イスラエルのメルカバの外付け装甲は複数の金属板の積層構造ですね。
https://farm2.staticflickr.com/1454/24441330992_4771c5ee20_z.jpg

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる