ここから本文です

宗像大社と猿田彦神社は

アバター

ID非公開さん

2019/3/2702:56:43

宗像大社と猿田彦神社は

『道』にまつわる神ですが

違いは何でしょうか?

閲覧数:
94
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

漢晋春秋さん

2019/3/2708:50:43

先行回答者は宗像三女神が海北道中を守る道主貴で、宗像大社が全国で初めて交通安全の御守りを発売した道路と交通の神社だとご存知ないのかな。立花山麓に住んでるのなら一度くらい参拝に来られればいいのに。

まあそれはさておき、宗像三女神は天孫降臨に先立って天降り、道中(玄界灘の九州本土と朝鮮半島を結ぶ海路)を守護する神々ですね。ここから道路・海路と交通の神様として全国で祀られています。一方の猿田彦大神は天孫(瓊瓊杵尊)の天降りに際してその先導役を務めたため、交通安全・方位除けの神として、こちらも全国で祀られています。
違いは何か、と問われるならば、猿田彦大神には方位除けの霊験があるが宗像三女神にはそれがない、という程度のものでしょうか。
ちなみに猿田彦大神は江戸時代ごろに各地の道祖神と習合したことで、道の守り神の性格がより強くなっています。なので、一般的には「道の守り神」と言えば宗像三女神よりも猿田彦大神の方がメジャーと言えるのではないでしょうか。

なお、道祖神がとりわけ多いとされているのは長野県安曇野市ですが、この安曇野市は福岡県福岡市東区志賀島を拠点とした安曇族という海の民が日本海沿岸を北上していき最後に辿り着いた地である、とされています。安曇族は宗像市あたりを拠点とし宗像三女神を祀った宗像(胸肩)族との繋がりが指摘されており、ここから宗像三女神と道祖神の関連も考えられると思います。
そう考えると、宗像三女神と猿田彦大神は色んな意味で重なってくるように思います。同一神格とまでは言いませんが、この二柱はおそらく全国で古来から同じ祀られかたをしていたのでしょう。違いが分かりづらいのもそういう面を反映した結果だと言えるかも知れません。

アバター

質問した人からのコメント

2019/4/1 13:17:39

皆様ありがとうございます

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

hoool_25008さん

2019/3/2909:08:50

祭られているのが龍神か人神かの違い

宗像大社は龍神

猿田彦神社は古い時代の人間
それを人間が神格化して神として祀ったもの
道の神っていうなら、土木工事でもして道を切り開いたとかじゃないかな

kaw********さん

2019/3/2900:12:57

宗像三女神はアマテラスとスサノオの誓約の時、アマテラスがスサノオの十拳剣を折った時に生まれた神々です。サルタヒコについては明らかにはなっていませんが、天孫降臨の際に自ら進んで道案内をした神となっております。

防人日記という書によれば、宗像三女神は天下ってそれぞれに祀られ、海上交通の守護神となったとされています。一方でサルタヒコは特に役目をもってはいませんが、今でも全国の神代行列や祭列の先頭を歩き、その安全を守護するという事でどちらかと言えば陸上交通の神という扱いになっています。しかしサルタヒコは天孫降臨の後には天宇受売命と結婚し漁師として生活してたと記されている(貝に足を挟まれて溺死している)ので、陸上にこだわってはいないようです。
(参考:日本の神様読み解き事典ほか)

ちなみに天孫降臨の朝鮮渡来説は後世の、何でも朝鮮由来で済ませたがる無能な学者の妄想から生まれたものなので根拠など全くありません。
(ミトコンドリアDNA(女系のみ分かる遺伝子)は確かに大陸から半島経由で近いものがありますが、男系の核遺伝子では、古代中国から朝鮮半島とは大きく異なることも分かっています。つまり女は子孫のために連れてこられた可能性があるが、男性はもっと古くから日本固有あるいはむしろチベットあたりからの移民という説があるのです)
例えば朝鮮から伝わったと言われる稲は、それ自体は大陸(東南アジア)から伝わったが、水田の日本式の稲作は逆に日本から半島を通じて伝わっているという説が強くなっています。その際稲もその時には今度は日本から伝わったという事が稲のDNAから明らかになっています。

fha********さん

2019/3/2703:22:52

宗像大社が道にまつわる神ってなんでしょう 元寇の頃から立花山の裾野に代々いますが三女神が道にまつわる神だなんて知りませんよ 宮地嶽の光の道と混同していますかそれとも海渡りの海道の事を言っているのでしょうか? 猿田彦も大宰府各佐野にあり今は小学校の校庭の地下十メートル位の所にあった湧水にまつわる神だと聞いていますよ、ここから流れ出た小川は五十川と呼ばれていました 今を神社も藤崎と言う所へ移動していますし どうして道に関係するのか分らないので逆に教えて下さい

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる