ここから本文です

萩原健一さんの死因とされるGISTは、 近藤誠先生の意見から察すると、 実際は放...

萩原健一さんの死因とされるGISTは、
近藤誠先生の意見から察すると、
実際は放射線治療もしくは抗がん剤の副作用と見るべきですか?

話では、胃の壁の奥に発症する癌だということなので
その奥に何かしらの異変が起こりえるのは
放射線か?抗がん剤?
もしくは外科手術で胃の壁の奥に何かしらの傷を
与えてしまった所に、癌細胞が育ったと考える方が
自然でしょうか?

しかも、放射線や抗がん剤(戦時中の化学兵器の一つだった)は
免疫細胞を著しく減らしてしまうらしく、
それらに加えて、低体温と血流不足に加え
脳の栄養でもあるブドウ糖が癌を育ててしまうようです。

最後の生前の写真は奥様とエクササイズ中でしたが
そのエクササイズもこれらの改善の為では無かったのか?
そのように察しました。

そういう意味では術後から8年という意味では
もった方なのかもしれません。

ただ、お互いに不老不死ではないので
癌が無くなっても、
ワライタケを食べて笑い死にするかもしれないし?
どう頑張っても、老衰は命の宿命なのでお互いに避けられませんが、
一つの予備知識として、
皆様はどう思われますか?

そして、ご冥福をお祈りいたします。
学生時代に「外科医柊又三郎」を密かに
毎週見ていました。

閲覧数:
510
回答数:
6
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

war********さん

2019/3/3013:07:13

近藤先生の理論は2〜30年前のがん治療と比較されていて、しかもかなりオカルト色が強いですからなんともいえないですね。

下の方は日本しか抗がん剤つかってないと仰っていますが、普通に世界中で使われてます。
そもそも日本はがん死亡率の低さ、健康寿命の長さは世界トップクラスなので、抗がん剤使いまくりのせいで死ぬというなら矛盾します。

免疫が重要なのは百も承知ですが、個人の免疫でどうにかなるならそもそもがんは悪化してません。
ブドウ糖の話もブドウ糖絶ってケトン食にしたらどうだと言う実験もありますが効果は不明のままです。

gistは希少疾病ですし、抗がん剤の所為とするには数が少なすぎますのであまり自然な考えとは言えないですね。

  • ご丁寧にどうもです。

    まず、普通に世界中で使われている?
    データーはググって出て来ないし
    出てくるのは医療保険制度が破たんした
    アメリカでは、抗がん剤治療を受けれない貧困層の
    癌患者が減ったという話を書いた記者が暗殺された?
    そういう話しか見当たりません。

    それでも、心臓癌は聞きませんし
    癌細胞そのものは、毎日誰にでも作られている中で
    体温と血流は無関係とは言えないかと?

    あと、近藤先生以外にも
    医者自身が癌が腫瘍化した時に丸山ワクチンを
    よく使うという話を聞きますね。

    そして、ロックフェラーは医者にかからない?
    それは、ロックフェラー自身が危険だとわかるか?

    そういう話も出てきますね。

    あと、肝臓の機能が追いついていない為に
    癌が腫瘍化しやすい。

    それらから考えて、僕が癌なら
    おそらく抗がん剤治療などは一切受けないと思います。

    そして、財政破綻して病院が消えた夕張が
    80歳90歳の高齢者が元気な街になったという話も
    気になります。

  • その他の返信を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/4/5 18:19:22

BAの期日になりました。
医療現場の方の意識や見識が考え深いものでした。

ただの宣伝とはいうが
予備知識の無い、
方々が全国でどれだけいると思いますか?
貴方の様な一定の知識人の方が少ないです。

そして、降圧剤で癌が減った?
そのメカニズムと具体的な統計のソース元が
示されてません。
そして、癌細胞は皆持っています。
さて、癌の定義は何でしょうか?
しかも、癌センターのグラフでは増えています。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ang********さん

2019/4/512:24:30

4月4日のNHKの番組を観る限りGISTの再発が原因で、延命治療は行わないというショーケンの意思のもとで暮らしていたようですね。
ショーケン自身も奇跡で5年生きられたら・・・と考え、自分の考えのもと生活、仕事をしていたようです。

患者の意思のもと治療方法を検討し、人生の最期は患者の意思を反映することは、個人的には良いことだと思います。

2019/4/318:19:39

免疫力の低下は再発、転移のリスクをあげるでしょうから、もっと良い再発、転移予防の治療、ケアを受けられていれば、何とかなった可能性はあると思いますね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

pan********さん

2019/3/3106:25:51

特殊の癌でどうにもならなかったのでしょう。抗癌剤で殺されるというのではないですかねえ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ユキさん

2019/3/3010:59:03

萩原健一さん死んだんですか。

初めて知りました。

テロリストのパラソル(1996年、フジテレビ) - 菊池役

はみました。

『八つ墓村』(1977)も見たような気がします。

だいぶ昔ですが、桜金造さんがTVで萩原健一さんに蹴られたりと随分いじめられたと話していました。(萩原さんの人気が落ちTVにもほとんどでなくなった頃)

そういうのを考えると因果応報かと思います。

関係ないけど北尾光司さん(元横綱双羽黒)も亡くなっていたのを今日知りましたた。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

ID非公開さん

2019/3/3001:41:53

もちろんです 日本以外は世界ではほとんど使ってません

もちろんです 日本以外は世界ではほとんど使ってません

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる