ここから本文です

先日中古の不動産を購入したのですが、重要事項説明書の抵当権に700万とだけ記載が...

luc********さん

2019/3/3017:44:26

先日中古の不動産を購入したのですが、重要事項説明書の抵当権に700万とだけ記載があったのですが、契約した後に『根抵当権』というものが付いていたことが判明したのですが、この根抵当権とい

うのは、重要事項説明書に記載したり、説明しなくても法律上問題ないのですか?

閲覧数:
130
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

the********さん

2019/3/3017:49:14

抵当権の金額に違いが無ければ問題ないです。

抵当権がついたまま買うわけではないですよね?
決済後の決まった期間に、抵当権を解除すると書いてあるかと思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

rif********さん

2019/3/3021:22:51

重要事項説明書の、登記簿記載事項の説明が間違っていたなら、それは重要事項説明義務違反になります。

法律上、問題は有りますね。

ただ、貴方に実害が無く、間違いの指摘に対して、その不動産屋が訂正(当然、貴方の合意のもと)をすれば問題は解消されます。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる