ここから本文です

鉢の縁の白色物は、何なのでしょうか?

yan********さん

2019/3/3106:27:01

鉢の縁の白色物は、何なのでしょうか?

2012年9月13日に、株分けした棕櫚竹(シュロチク)の苗を、「プロトリーフ 観音竹・棕櫚竹の土」に、篩にかけた赤玉土をコップで8:2の比率に混ぜて、素焼き鉢に移植し、居間に置いて、栽培していました。
肥料は、花ごころ グリーンそだちEX IBのチカラを、年に、数回、施す程度でした。
写真の様に、鉢の縁に、白色物が生じています。
同様の白色物は、柑橘類の実生苗を栽培しているスリット鉢の縁に現れることがあります。
この白色物は、何なのでしょうか(結晶、カビ)?

棕櫚竹,シュロチク,グリーンそだちEX IB,白色物,観音竹,透水性,塩化物

この質問は、chi********さんに回答をリクエストしました。

閲覧数:
40
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

chi********さん

リクエストマッチ

2019/3/3110:56:21

リクエスト有難う御座います。
先ず想像できますのは「塩化物」であろうと思えます。
鉢の材質が粗い土であり、透水性が良いので、土に与えると同時に鉢にも灌水が降りかかると思います。
鉢は質として透水性が良いので、土の中の水をも鉢の縁より蒸散し、塩化物だけが残ります。
粗目の赤玉土を用いまして用土にした場合には、表土となる赤玉土の塊の上部に現れます。
通称「塩を吹く」と言っています。 広い意味での塩化物であり、肥料成分や水道水中の不溶性物が付着します。井戸水:地下水使用の水道水でもなります。
普通には問題となりませんが、見栄えに悪いかと思います。束子でゴシゴシすれば、ある程度は落ちます。
以上は経験値です。

  • 質問者

    yan********さん

    2019/3/3111:18:58

    chi********さん、いつも、御返事、有難う御座います。
    御元気なようで、良かったです。
    所謂、塩を吹いているのですね。

    別の話しで済みませんが、柚子(多田錦)が、露地植えして4年目の昨年、始めて開花・結実しました。
    露地植えした柚子は、秋に古着で葉や枝を囲って、日光に当たらないようにして防寒して置くと、春になっても、葉が緑色で枯れないで残っていました。
    今年は、枝が3mくらいの高さで枯れないで残っていて、緑色の葉が多数残っているので、昨年よりも、多数、収穫出来るのではないかと期待しています。
    ボケないように、食べ過ぎないようにして、手や体や頭を使うように心掛けています。

  • その他の返信(2件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/3/31 13:49:07

また、疑問なことがありましたら、御教授下さい。
お元気で!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる