ここから本文です

生コンの品質管理について教えて下さい。

taj********さん

2019/4/314:09:16

生コンの品質管理について教えて下さい。

生コンを受け入れ時に、現場でスランプ試験、圧縮強度の供試体を作り、7日後、28日後に圧縮強度試験を行っていますが、コンクリートは現場でスランプ試験の後、既に打設してしまっています。7日、28日の圧縮強度試験で問題が見つかっても、既に時遅し、ですが、順番としてこれで良いのでしょうか。

閲覧数:
128
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

海王星さん

2019/4/320:05:50

7日目の強度については、○○Nでなければならないという基準が無いので、型枠解体の目安になれば良いです。

28日強度が100%出ない場合はスラブ下の支柱を外せません。
それじゃ後の祭りかと言えばそうではなくて、コンクリート強度はいずれ100%を超えますので、それまで待てば良いのです。

養生期間の気温がよほどの低温でなければそのようになりません。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

hdn********さん

2019/4/411:02:21

受入検査はつまり、今打設してるコンクリートの品質確認の為に行われてます。これを、時遅しを回避する為1週間前とか4週間前に供試体を造っちゃうと既に使用材料が異なるので意味が無くなると思います。
供試体は、脱型の目安としても良く使われます。問題が見つかれば、脱型する前に原因と対策を講じるしか無いと思います。
だから順番としてこれで良いと思います。

blo********さん

2019/4/402:13:30

強度試験で問題があっても、時すでに遅し、ですね。

7日で問題があっても28日ででれば基本的にOKでしょうが最後の供試体でNGの場合は、やり替えるしか方法はありません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる