ここから本文です

プロ野球 なぜセカンド、ショートを守る助っ人外国人は少ないのでしょうか?

neo********さん

2019/4/322:18:25

プロ野球

なぜセカンド、ショートを守る助っ人外国人は少ないのでしょうか?

閲覧数:
41
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mic********さん

2019/4/323:08:00

外人野手には、一発・長打力を求めるものです。

セカンドとショートは(日本人でも)打撃より守備を重視する傾向あります。
長打力ある選手は、守備と脚力良くない選手が多いです。
だから、どうしてもその2つは外人選手少ないです。

質問した人からのコメント

2019/4/8 14:26:38

みなさん、ありがとうございました

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

pb1********さん

2019/4/501:34:37

助っ人外人には花火を上げてほしいから。守備の巧者は国内に幾らでもいるので外人枠を使わない。

jou********さん

2019/4/323:09:12

助っ人外国人に期待することは、どこもホームランだからです。
長距離バッターは守備の負担が少ないポジションが多いです。

con********さん

2019/4/323:00:57

純粋に人数が少なくて守りも難しい。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる