ここから本文です

ダイビングでハンマーヘッドシャークを見たいです。 与那国島と神子元はどちら...

アバター

ID非公開さん

2019/4/816:25:27

ダイビングでハンマーヘッドシャークを見たいです。

与那国島と神子元はどちらがおすすめでしょうか?

それに合わせて休みを計画して行こうかと思っています。

回答者の方のレベルで考

えていただいて好みの方という捉え方で大丈夫です。

経験は60本程度。ドリフトも有り。
ぐらいの最低限の経験は一応あります。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
250
回答数:
4
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kuk********さん

2019/4/1010:33:16

今のレベルなら神子元。
スキルに個人差ありますが、60本だと神子元はギリギリライン与那国はまだ厳しいかなと…。
ハンマー狙いで行って60本の人と同じグループだとハズレたなと正直な所思ってしまうのでもう少し本数と経験を重ねたほうが良いと思います。

どちらかと言えば神子元の方が水中も捕まる場所がある事と夏場の方がエア持ちもいい(寒いと早い)ので難易度は低い、与那国よりもアクセスがよく日帰りや1泊でも行きやすい。
水温・透明度・潮の流れはどの位置を黒潮が通過してるかでかなり差がありますので最新情報を調べてウエットorドライ、インナー準備、冷水域に当たると夏でも寒いです。
神子元がもしクローズでも伊豆はダイビングスポットが無数にあるのでハンマーがダメでもダイビング自体はどこかでできる確率が非常に高いです。

与那国は港から出てすぐ外洋なので荒れると出航できずダイビング自体ができない事も。
EN~水中集合もよくはぐれた人が居ないなと感心したくらいEN時点で激流、そこからハンマー追いかけEXまで超激流のアトラクションみたいな時も。
潮止まりや比較的流れが緩い時ももちろんありますが、水中移動距離は総じて神子元よりも与那国が長いです。
冬場は飛行機の欠航率もそれなりなので、最終便は避けたほうが無難。
乗る予定の便が飛ばずとも後発便は飛ぶ事もあるので当日便のキャンセル待ちができる便のほうが安心ですよ。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kur********さん

2019/4/911:05:41

神子元しか行ったことありませんが、神子元はショップによって受け入れ条件が色々違いました(現地ショップ利用)。

現地ショップの数はそれほど多くないので、とりあえず問い合わせてみては如何でしょうか。

私は夏に2ダイブして2匹みました。

最初の回答されてたjohさんが書かれてるように、神子元は岩につかまったりします。

私事ですが、
岩に捕まった後、抜いたエアを入れ直すのを忘れて移動してしまい、ズブズブ沈んでDECOを出してしまいました。(ハンマーが深場にいるのに気を取られてたら沈んでいた)

ショップのおっちゃん(お兄さん?)には「沈むだろうなと思ってた箇所で見事に沈んだ」と言われました…。

気を取られても水深管理できるだけのスキルが必要なのね、と反省と学習です。

与那国は下が見えないのですか。
尚更、水深管理が重要ですね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

pin********さん

2019/4/909:51:28

質問者さんの住んでいるところによって一概にどちらが良いか言い切れませんが、関東、東海圏であれば神子元、それ以外で空港のアクセスが良ければ与那国でしょうか。あとは他の方も仰る通り、与那国は冬季限定、神子元は夏季限定になりますのでそれも関係してくると思います。

どちらも勝手な印象ですが、与那国は北風ビュンビュンの時期になるので、余所ではクローズになるような大波の海況でも果敢に潜る、と言われています。ただ、外洋に面しているので海の色は青く、透明度もバツグン爽快あるいは恐怖で蒼白な世界です。

一方の神子元は黒潮が当たれば蒼黒く澄んだ海になりますが、基本的には伊豆周辺になりますから海の色は基本緑がかっています。それが良いか悪いかは置いといて、話題になるハンマーの写真の青さとは、少し違うのかな、という印象です。

プロフィール画像

カテゴリマスター

joe********さん

リクエストマッチ

2019/4/818:17:57

いつか、両方とも行くのが良いと思います。

どちらも、ハンマーが群れで出現する季節が決まっています。

神子元島は夏場。
与那国島は、2月がトップシーズンの冬場です。

今からなら、7月の神子元島に目標を絞るのがお勧め。

日によって、海況が変わりますが、神子元島のほうが難易度が低いです。

こちらは、根で待つスタイルも可能なので、経験は60本程度。ドリフトも有りでしたら、ショップが受け入れてくれるはずです。

対して、与那国島のハンマーヘッドのポイントは、底が見えません。
何もつかまるものがなく、1ダイブを流す必要があります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる