ここから本文です

拾った他人のナナコカードをコンビニの支払いで使用した場合、何罪が適用されます...

アバター

ID非公開さん

2019/4/823:47:43

拾った他人のナナコカードをコンビニの支払いで使用した場合、何罪が適用されますか?
他人のクレジットカードを使用した場合は詐欺罪が適用されるようですが、ナナコカードはカードに名前が刻

印されておらず、レジ打ちにも名義人が認識されないようですが、情報登録はあるようです。
このような電子マネーの場合、刑法上クレジットカードとは扱いが違うのでしょうか?

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
125
回答数:
4
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jus********さん

2019/4/1021:31:33

遺失物である七個であれば、そもそも決済をお店が許さないので、これを隠して決済することは、お店に対する詐欺罪が成立します。

そして、ICカードの遺失物横領罪も成立します。


窃盗罪は成立しないと思います。落とし主が占有を失っているので

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

kar********さん

2019/4/918:03:21

遺失物横領罪
いしつぶつおうりょうざい

遺失物,漂流物その他占有を離れた他人の物を不法に領得する罪 (刑法 254) 。占有離脱物横領罪ともいう。委託物横領罪と異なり,犯人と所有者との間に特別の信頼関係が存するわけではないので,性質としては横領よりは窃盗と共通した面がある。占有者の身辺から一時的に離れた物については,占有離脱物かどうかの判断がむずかしいが,一時的に忘失してもいちはやく気づいて立戻ったような場合には遺失物といえないが,そのまま置き忘れてしまえば遺失物となる。
[出典:https://kotobank.jp/word/遺失物横領罪-30580]

プロフィール画像

カテゴリマスター

shi********さん

リクエストマッチ

2019/4/900:10:52

遺失物横領罪となります。

刑法第二百五十四条(遺失物等横領)
遺失物、漂流物その他占有を離れた他人の物を横領した者は、一年以下の懲役又は十万円以下の罰金若しくは科料に処する。

phd********さん

2019/4/823:50:19

拾ったお金や商品券を使うのと同じ。
遺失物横領罪ですね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる