ここから本文です

昨年2月頃、バラのパシュミナが、植え替えたときに弱って死んでしまったと思いまし...

k13********さん

2019/4/1411:58:00

昨年2月頃、バラのパシュミナが、植え替えたときに弱って死んでしまったと思いましたが、昨年春にまた新芽が生えてきて復活したようでした。勢いがすごくどんどん大きくなるのですが、昨年1年間

1度も花を咲かせませんでした。
今年も他のバラよりどんどん大きくなるのですが、昨日ホームセンターで見かけたパシュミナの葉とずいぶん違うように見えました。でも木を間違えているといことは絶対ありません。
復活して何か突然変異的に変わったのでしょうか。仮にパシュミナとしても、今年はちゃんと花を咲かせるのでしょうか。教えてください。

パシュミナ,ホームセンター,バラ,突然変異的,新芽,接ぎ木,台木

閲覧数:
98
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

flo********さん

2019/4/1412:11:26

こんにちは。
これは元々あなたが植えた「パシュミナ」の枝とは違うでしょう。

パシュミナは接ぎ木したものでしょうから台木として使った「ノイバラなど」の根が土の中で生きていて、それから出てきた枝でしょう。

これを育てていくのも良いですが野生種なので繁茂していきます。不要であれば引き抜いても。

●一番良いのは、この苗を利用してあなたがご希望のバラの枝を接ぎ木をすると、うまくいけば開花株になっていくでしょう。

まっすぐ伸びた枝を使えば、今流行りの「スタンダード仕立て」もできます。

台木として利用するのであれば、この秋まで普通に育てていくことですね。勿論繁茂した枝はカットしても良いです。主幹枝を充実させていくことです。

接ぎ木も芽接ぎというのは秋に、ふつうの枝接ぎは来年1月頃になります。

質問した人からのコメント

2019/4/14 16:05:32

詳しくありがとうございます。そんな気がしていたので、すっきりしました。ありがとうございます。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる