ここから本文です

受験が終わり、生物系の学部のある大学に入学したものです。 動物行動学を究め、...

yuu********さん

2019/4/1416:45:02

受験が終わり、生物系の学部のある大学に入学したものです。
動物行動学を究め、その道の研究者になりたいと思っています。が、
野生動物の研究について悩んでいることがあります。

理系ならば大学院に進んでの研究だろうと、現在京都大学大学院の野生動物研究所に入りたいと考えています。
しかし野生動物の行動、その仕組みを研究しそれを突き詰めて、果たしてそれが社会や開発系で役に立つのかと疑問を抱くようになりました。
特に野生動物の行動学に関しては、他動物関連の研究(感染症、分子レベルの研究など)よりも汎用性は少なく、企業や国からも関心が薄く、
将来生計をたてながら研究ができるのか不安を感じています。
そこでお聞きしたいです。動物行動学を中心とした主に野生動物の研究を主にして、
どなたか成功されている方をご存知でしょうか。
その研究から、どのように視野を広げ自分の道を増やすことができるのでしょうか。
少しでも知っていることがあれば、お力添えをいただきたいです。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
48
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

wil********さん

2019/4/1418:25:03

東大ならともかく所詮地方大の京大だとあまりいないのでは

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

eit********さん

2019/4/1419:08:09

自分もそんなに事情通ではないのですが、こういう分野(動物行動学など)で大学を卒業したら、どこかの博物館の学芸員になって研究を続けるとか、どこかの民間の会社(環境アセスメント会社など)に就職して自分の研究を続ける…などといったパターンが一般的なんじゃないでしょうか。

自分が知っているある方は、地方の県立博物館に学芸員として勤務しながら、奥日光でニホンザルやニホンジカなどの生態を調べるといった研究をなさっていました。

また、別のある方は、自分(回答者)が以前アルバイトをしていた民間の環境アセスメント会社で調査のアルバイトをしながら、個人的にカッコウの托卵などの研究をしているという方もいました。

いずれにせよ、そういった卒業後の進路などについては、今から心配しなくても、大学に入ってから考えても遅くはないんじゃないでしょうか…。

…というより、もし本当に“将来の就職に有利”といった条件を第一に考えて進路を選ぶつもりなら、そもそもあまりお金にはならない動物の研究などには進まないほうがいい気もしますが(笑)。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

mim********さん

編集あり2019/4/1417:39:07

野生動物の行動を研究すれば、現在害をなしているイノシシ、鹿、アライグマなどの駆除に有効な方法を見いだせるかも。そもそもこれらの生き物たちが人家に近づかないようなしくみを作れるかも。違法に海外から密輸される野生動物の保護と処遇に有益なプランを作成できるかも。
ど素人の考えで的はずれかも知れませんが、どのような基礎研究も突き詰めれば人間の役に立つことをめざしていると思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

tik********さん

2019/4/1416:47:50

いだか!!!!!?や

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる