ここから本文です

書道に従事している方、精通している方に添削していただきたく投稿しました。 現...

mar********さん

2019/4/1708:37:06

書道に従事している方、精通している方に添削していただきたく投稿しました。
現在書道展に出品する作品を書いています。
蘭亭序を書いているのですが、自分だけでは納得がいかないのでご指摘

をいただきたいです。

補足枠はすべての字を練習するつもりで作った枠であり、本番ではなく練習段階です。
作品としての可否ではなく、字を評価していただきたいです。
すいません

蘭亭序,書道,ご指摘,書道展,骨法,日下部鳴鶴,蘭亭

閲覧数:
93
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

jlu********さん

2019/4/1710:46:38

蘭亭序、私も大好きです‼
私も高校の時に蘭亭序に出会って、書道の楽しさを知りました。

まだ提出までに、時間はありますか?
可能であれば、一番直して頂きたいのは、


①上下いっぱいに書かないで、開ける。

②横一列に、字を揃えない。


①原帖も上下の空間が印象的だし。一般的に作品を半切縦二行書きする時にも、てっぺんから書かずに少し開けるでしょう?同じです。

②楷書や隷書ならアリですか、行草作品で、横一列に並んでいるのは、不自然です。
原帖通りに書かなければいけないというわけではありませんが。

特に蘭亭序をはこの字間の取り方が、面白さのひとつです。字の大きさも違うし、縦長、つぶれている字と、いろいろ組み合わせていますよね。
字の形はよく見て、とても上手に書いておられます。同じように、書かれていない部分にも注目して頂きたいです。
それが蘭亭序の素晴らしさであり、習字と違うところです。

頑張ってくださいね(^o^)/

  • jlu********さん

    2019/4/1710:56:17

    それから、出品される展覧会には、必ず行ってください。

    他の方々がどのような作品を出しているか、その中で、自分の作品がどのように見えるかを確認してください。ものすごく勉強になります。
    蘭亭序は他の方も書いておられると思いますので、どのような表現をしているかも見てください。
    そして、次回はこんなふうに書いてみたい!という作品にも出会えたらいいですね。

  • その他の返信を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/4/18 16:59:45

参考になりました

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ca1********さん

2019/4/1808:51:07

張金界奴本をよく見た方が良いと思いますよ。
見当違いな字になっていますので。

アバター

ID非公開さん

2019/4/1807:16:42

蘭亭序 それも張金界奴本ですか・・・・・・

それでこんな字を書いたら、何も見ていないと言われても仕方がないですね。
張金界奴本の骨法も、変幻自在な用筆の妙も、アンバランスなバランスも何も学びとられていないし、学びとる意欲すら見られない。
それに枠って・・・・・・
気力から生じる行のゆがみや字形の大小・変形があなたには見えないのですか?

枠線を引いて学びたいなら日本にも日下部鳴鶴の『大久保公神道碑』のような大傑作がありますから、それで骨法を鍛える手もありますよ。

myv********さん

2019/4/1710:39:55

良く見えないのですが、蘭亭の独特の穂先がツンツンしてると言うか、
一番右の【九】でももっと、ぐっと筆を入れて払ってると思います。
あと2行目の【之】3行目の【之】もですが、点のあとにもっとやりすぎ
なくらいぐっと筆が入ってスタートしてると思いますよ。

全体的にノペーっとダラっとした印象です。
細いとこ、太いとこ、割とはっきりしてるのが蘭亭だと思いますが、
強弱が無い。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる