ここから本文です

老中は幕政を統括、町奉行は江戸の行政や警察権があったらしいのですが、この2つの...

yyb********さん

2019/4/1916:05:18

老中は幕政を統括、町奉行は江戸の行政や警察権があったらしいのですが、この2つの違いはなんですか?江戸は幕府の直轄地ですよね?

閲覧数:
29
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

edo********さん

2019/4/1919:53:09

江戸は幕府のは直轄地ですが、特別区のような位置付けをされていたので、江戸府内に関わる司法・行政のみを町奉行が担当したのです。町政については監督はしますが、実際に町政を担ったのは町年寄・名主などの町役人です。

町奉行は老中の支配下にあるので重要案件については町奉行には裁定権がなく、老中に伺いを立てました(仕置伺と言う)

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ail********さん

2019/4/2612:09:11

今の考えに当てはめると
老中;国政全般
大目付・目付;武士に対する監視、司法権行使。
町奉行;幕府から任命され、町人全体に対する監視、司法権行使役。
寺社奉行・京都所司代が併設されています。
更に下に庄屋、年寄、非人頭など、一定の権限と一次裁判権与えた人がいました。
今の行政、司法とはシステム違いますので、少し区分がズレます。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる