ここから本文です

銃を持った犯人が立てこもり事件を起こし人を狙わない威嚇射撃をした場合、 捕ま...

izu********さん

2019/4/2621:00:04

銃を持った犯人が立てこもり事件を起こし人を狙わない威嚇射撃をした場合、
捕まった後に「殺人未遂」となり罪が重くなる
と以前見た日本の映画で言っていたのですが、現実の世界でもそうですか?

閲覧数:
20
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jr1********さん

2019/4/2622:35:54

殺人罪が成立する為には、「故意」である必要があります。
殺してやる、という意志に基づいた行動であった、ということです。

ただし、具体的に誰かを殺そうという意図がない場合でも殺人罪が成立するケースがあって、
たとえば、人混みにむけて水平発射をすれば、当然誰かに当たって死ぬ人もでるだろうと言う想像がつきます。
この場合、誰がを具体的に殺そうという意図はなくても、
その行為を行えば誰かが死ぬ蓋然性が高いことが容易に想像出来るのに、それを行ったわけで、この場合、「誰かが死んでも構わない」と思っていたということになります。
これを「未必の故意」と言います。



質問のケースの場合、威嚇射撃が特に誰かを狙ったもので無くても、たとえば繁華街など人の多い方向に向けて行われたのであれば未必の故意があったと判断されます。
そうすると、実際に誰かに当たった訳でなくても殺人未遂です。
人気のない方向とか、地面に向けてとか、空に向けてとか、撃った方向が安全なら殺人未遂はつきません。銃刀法違反だけです。

  • 質問者

    izu********さん

    2019/4/2623:01:04

    見た映画(ドラマだったかも?)では、銃を持った犯人1人が、
    レンタルビデオ屋に人質数人と共に立てこもっている状態で、
    周りを警察が囲んでいる状況でした。

    そこに交渉役の警官がやってきて、
    「あなたは、まだ銃を撃ってない」
    「威嚇射撃でも銃を打てば殺人未遂となり刑が重くなる」
    「今ならまだ刑が軽いから、銃をよこして投降しなさい」
    みたいなことを言っていました。

    この場合、犯人が威嚇射撃で天井に一発銃を銃を撃った場合、
    殺人未遂になるのかな?と思ってます。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる