ここから本文です

所得税の過払い金還付について。 私立学校で講師として働き始めて2年になります...

kah********さん

2019/4/2020:07:40

所得税の過払い金還付について。

私立学校で講師として働き始めて2年になります。
私学共済には未加入のため、保険料等は自身で払込に行っています。

1年目のお給料は、額面が約14万円、

そこから所得税を0.5%ほどひかれた金額が手取りの収入でした。
2年目になりコマ数が増えたため、額面は約20万円となったのですが、所得税で10%ほど天引きされており、学校に確認したところ、甲乙区分で初めから乙で処理しているからではないか、とのことでした。

手続きを行い、5月分の給料から甲の税率で処理してくれるそうなのですが、この場合、昨年度の4月から〜3月分と、今年度の4月分のお給料で払いすぎた所得税があれば、確定申告で返してもらえるのでしょうか?
お恥ずかしながら、確定申告のシステムや計算法もよく分かっておらず、過払いがこのまま帰ってこないかもしれないと思うと、きちんと契約を確認しなかったせいで多く取られてしまっていたことに対してとても落ち込んでいます…

もし返ってくるならば、この程度の収入だと大体どれくらいの還付金が見込めるのでしょうか?

ちなみに保険料の払込は社会保険と厚生年金を合わせて約2万5千円程度です。

確定申告や税金にお詳しい方、ご回答お願い致します。

閲覧数:
98
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

red********さん

2019/4/2109:21:53

質問者さんへの最大のアドバイスは、
「所得税の過払い金」なる単語を捨て去ることです!
あなたの現状に、「過払い金」なんて、起きてません!
「過払いした・被害に遭った・損してる」の感覚ですべてを見てるから、真実を受け止められません。捨てて下さい。あなたに起きてるのは、日本中で毎日起きている、ごく普通なことに過ぎません。あなたは、被害者でも、損してる人でも、ないんです。

落ち着いて、事実を知って下さい。
まず、納税の義務はご存知でしょう。国民は、収入に応じて、税金を納める義務があります。個人の税としては、所得税が典型的です。

次に、源泉徴収義務を知って下さい。こちら https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/gensen/2502.htm にあるように、給与を支払った側には、定められたルールで源泉所得税を天引きする義務があります。学校は、この義務を果たしているに過ぎません。ちなみに、学校は天引きした金額を税務署に納めます。つまり、個人の納税の義務を、学校が肩代わりしてるんですね。

”ルール”では、「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」https://www.nta.go.jp/taxes/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/pdf/h31_... の提出有無で、算定法を変えます。源泉徴収税額表 https://www.nta.go.jp/publication/pamph/gensen/zeigakuhyo2018/data/... の甲欄/乙欄 を切り替えます。
甲欄の金額が少ないのは、簡単に言えば、メインの職場(あるいは、一か所しか勤務しない)として登録した意味になるからです。年末まで勤務を続けて年収が確定したら、年収額に対するホントの所得税額に精算する処理(=年末調整)を受けることを意味しています。所得税をマケテ貰う制度たる各種の所得控除を受けることを予約したことになる故に、天引き額が下がります。
対して、扶養控除等申告書を出さないサブ職場では、年末調整を受けず、所得控除によるオマケをしないで結構って宣言したことになります。オマケが無いんですから、乙欄の金額は大きくなります。

月給から引かれてるのは、あくまで「源泉所得税」です。ホントの所得税額は、年収に対して算定されます。だからと言って、年末になるまで、一切、納めなければ(引かなければ)、12月給料で一気に一年分を納めねばならなくなります。12月給料がマイナスになる人だって出ます。ほんのわずかな手取りでは年が越せません(>_<) ね、そんな悲劇が起きないように、それなりの額を毎月積み立ててるのが「源泉所得税」の役割なんです。積み立てた額と、ホントの所得税額の差額を精算するのが、年末調整です。


さて今度は、
所得税は、年(1月~12月)単位と知って下さい。年度じゃなくね。
・平成31年(2019年)分は、扶養控除等申告書を提出されたとのことで、今年の年末には年末調整を受けられることになりました。今年は、源泉所得税の積立額とホントの所得税額の差額精算を、学校がしてくれると決しました。
・平成30年分は、どうだったですか? 質問文の様子では、年末調整を受けていないことでしょう。ならば、まだ”精算”されてません。確定申告すれば、精算できます。確定申告には5年の猶予があります。「平成30年分 給与所得の源泉徴収票」を使って、税務署にて確定申告されましょう。
確定申告書等作成コーナー https://www.keisan.nta.go.jp/kyoutu/ky/sm/top#bsctrl を使えば、本物の確定申告書を自宅で作成することができますので、利用されましょう。

  • 質問者

    kah********さん

    2019/4/2120:27:08

    とてもわかりやすく、そして詳しく教えてくださってありがとうございます(;_;)
    過払いという考えを改めるべき、というお話も、その通りだと実感しました。ありがとうございます。

    はい。仰る通り、30年度は年末調整を行っておりません。どうやら、事務の方に自分から「年末調整はこの学校でしてください」という旨を伝えなければ学内で処理してもらえないらしいです。

    来年の二月の確定申告に、忘れず行こうと思います。本当にありがとうございました(;_;)

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/4/21 20:29:52

ご回答下さりました三名の方、本当にありがとうございました。
どの方もわかりやすく教えてくださって、大変為になりました。
今回は、最も詳しく所得税等のシステムについて教えて下さった方をベストアンサーとさせていただきます。

皆様、本当にありがとうございました!!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

pcw********さん

2019/4/2022:01:17

あなたが「平成31年(2019年)分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出しなかったので乙欄の源泉徴収になっていただけです。

5月から甲欄になるということなので、通常は学校で乙欄と甲欄をまとめて「年末調整」してくれて年末に還付されます。
「年末調整」で例年「給与所得者の保険料控除申告書」は提出しているのでしょうね?

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

rri********さん

2019/4/2020:28:39

今年1月以降は年末調整で返金されます。
昨年分は還付申告です、還付申告は確定申告と違っていつでも税務署で受け付けしています。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる