ここから本文です

栗東の馬が東京では走らないとか、美浦の馬が京都で走らないとか。そういうのはあ...

rit********さん

2019/4/2200:05:32

栗東の馬が東京では走らないとか、美浦の馬が京都で走らないとか。そういうのはあるのですか。

輸送して疲れるというのはあるのでしょうか。

随分前に、乗り込んできているのであんまり関係ないのでしょうか?

閲覧数:
27
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tac********さん

2019/4/2314:14:41

競馬の西高東低が言われて長いですが、重賞ではずいぶんと差は縮まってきました。

ただ、条件戦での層は関西のほうが厚いようで、関西馬の関東への遠征に対して関東馬の関西への遠征が少ないのはそのためです。

また、今は平場レースでは関西馬は関東での出走に制限がかかっています。

輸送の不利があってもレベルの低い関東で…と考える陣営は、多いようです。

森厩舎のように、調教で好時計を出して輸送まであって馬が疲れて実力が出し切れない厩舎もありますが…。(個人的な想像です。調教の時計がレースにあまりにも直結しないので、レース前に疲れ果ててるのかと)

小倉開催時の滞在馬が昔は多かったですが、今は栗東から直前輸送がほとんどです。

輸送のリスクより、栗東の施設で調教することにメリットを感じている厩舎が多いようです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

pep********さん

2019/4/2201:12:33

西の馬が東で走らない、東の馬が西で走らない、ってのはあるよ。
輸送して疲れる、ってのもある。

東⇔西の移動は通常9時間位かかるので、いわば長距離輸送。神経質な馬でなくとも移動だけで10㎏程度は減る。
移動後のカイバ食いで戻すのが普通だけど、食欲が無くなって大幅馬体重減もあり得る。
長距離輸送を控えて、追い切り後の馬体重±0程度或いは-(マイナス)だと、レース前馬体重は-(マイナス)での出走が予想されるね。
それでも、レース前が+(プラス)になっていたら、木金土と調整を緩めて馬体重増に努力したとも言える。良いか悪いかは別に考えるべき。

戸崎Jのように、関東騎手が関西に行くと借りてきた猫状態になる騎手もいるし、
逆に、ルメールJのように、関西騎手が関東での成績の方が良い騎手もいる。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる