ここから本文です

コブを今までベンディングで滑っていたのですが、固めのコブ、長めの板で滑ると、5...

アバター

ID非公開さん

2019/4/2207:05:35

コブを今までベンディングで滑っていたのですが、固めのコブ、長めの板で滑ると、5コブくらいで破綻してました。スピードコントロール出来ずに操作が遅れて破綻。

そこで最近、ピポットターンって存在を知りました。ベンディングでも常に板を回し続けることに意識をしていたのですが、ベンディングとピポットの相性はいいですか?

ピポットの存在に気付くの遅い。と言われそうですが、相性を教えてください。

閲覧数:
78
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yyy********さん

2019/4/2213:59:36

こんにちは!
ベンディングとピボット操作の相性もなにも最高ですよ!
ストレッチングとも最高です。
テール操作でも同じですよ!
いろいろ試して、頑張って下さい。

アバター

質問した人からのコメント

2019/4/27 14:13:41

ありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

fuj********さん

2019/4/2214:13:57

相性ですか。
私には水と油ほどの違いで乳化はしませんね。
ピボットターンというのがどういうものかをごく最近知った私。
ピボットターンはコブを滑るにあたって1番最初に私が覚えた滑り方だと知りました。その後とにかくコブ斜面はスキーを横にしたら負けって感覚で滑り込んで行きました。
そおするとピボットターンはコブを滑る手段ではなくとにかく下まで降りる緊急回避スキー操作という位置付けです。
私にとっては滑りと緊急回避手段の差ですから相性はめっちゃ悪いです。
現在私は年齢を重ね、心身ともに劣化して緊急回避スキー操作でしかコブを滑れなくなってます。
しかしピボットターンなら私は世界中のどんなコブ斜面でも転倒せずに降りて?逃げ降りてこられますので素晴らしいスキー操作技術でコブを滑る上では必須のスキー操作技術であると私は思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる