ここから本文です

国を信用しきるというのは過去に学ばない無責任な姿勢と言えるのでしょうか?

a30********さん

2019/4/2208:56:53

国を信用しきるというのは過去に学ばない無責任な姿勢と言えるのでしょうか?

以下の文章内容から考察して教えてください。
「発がん性」除草剤成分が大手3社の小麦粉に、欧州では規制も
2019/01/18 06:00女性自身

毒性の強さで有名な農薬ラウンドアップの主成分グリホサート。今回検出された小麦製品は、幅広い食材に使われるもの。たとえ微量でも心配せざるをえない。なぜ検出されるに至ったのか――。

「私たちは、日々、パンやうどん、パスタ、お菓子などを食べています。さまざまな食材の原料に使われているそのような小麦製品から除草剤グリホサートの成分が、微量ながら検出されました。厚労省が定めている残留基準値以下なので違法ではありませんが、毎日のように口にするものなので、安全とは言い切れません」

そう言って、測定結果を示すのは、「日本消費者連盟」の纐纈美千世さんと、「食と農から生物多様性を考える市民ネットワーク」の小野南海子さん。

彼女たちがスーパーで販売されている、大手製粉会社の「日清フーズ」「日本製粉」「昭和産業」3社の小麦製品を調査したところ、12商品中5つから除草剤「ラウンドアップ」の主成分であるグリホサートが検出された。

WHO(世界保健機関)の専門組織、国際がん研究機関は、グリホサートの発がん性を認めている。

アメリカで食の安全を訴えている「デトックス・プロジェクト」の調べでは、小麦を使用したさまざまなスナック菓子からもグリホサートが検出された。加熱しても分解されにくいことがわかる。

「昨年は、グリホサートが原因で悪性リンパ腫を発症した、という米カリフォルニア州の男性の訴えを裁判所が認め、発売元のモンサント社(現・バイエル社)に対し、約320億円(その後、約87億円に減額)の支払いを命じる判決も出ています。アメリカでは、同様の裁判が約8,000件も起きているのです」(纐纈さん)

こうした事態を受け、アメリカの一部のスーパーやホームセンターでは、店頭からグリホサートの成分を含む除草剤を撤去する動きが出ている。ヨーロッパでも使用を規制する動きが高まっている。

「ところが日本では、100円ショップやホームセンターで、家庭菜園用の『ラウンドアップ』(日産化学)が販売されています。『ネコソギ』(レインボー薬品)、『サンフーロン』(大成農材)などという商品名で、同様の成分が入った除草剤が簡単に手に入ります。これらを、家庭菜園や公園などにまいて除草しているのです」(纐纈さん)

そもそも今回、日本で販売されている小麦から、グリホサートが検出されたのはなぜか。前出の小野さんが、こう説明する。

「グリホサートは劇薬ですから、作物に使用すると、枯れてしまいます。ですから、グリホサートをまいても枯れないように遺伝子を組み換えている大豆やとうもろこし、なたねなどにしか使いません。小麦で遺伝子組み換えは認められていないので、グリホサートは使わないはずですが、アメリカやカナダ、オーストラリアでは、収穫前の麦にグリホサートをかけ、枯らすことで乾燥させて収穫の手間を省いています。日本は小麦の国内生産量が少なく、約85%を3カ国から輸入しているので、冒頭のように検出されたのでしょう」

今回、製粉メーカー大手3社の製品から、グリホサートが検出されたが、すべての小麦製品を調べたわけではない。“汚染”はどこまで進んでいるのだろうか。

「小麦は政府が海外から輸入し、それを各メーカーに割り振っています。輸入小麦を使っているかぎり、どのメーカーの小麦からも検出される可能性があります」(小野さん)

大手製粉会社3社の見解は、国が安全性を確認しているので問題ないというものだった。

「外国産小麦は、国(農水省)から買い付けています。国は原料小麦を輸入する際に残留農薬の安全性を確認していますので、製粉会社は国が安全を確認した小麦を買い受けております」(日清製粉グループ本社)

「輸入小麦につきましては、農水省が輸入時に食品衛生法に基づいた検査を船ごとに行い安全性を確認しております」(日本製粉)

「外国産小麦は、輸入時に農水省が残留農薬等に関するポジティブリスト制度に基づく検査を実施し、安全性を確認したうえで製粉会社に売却されております。〈中略〉残留基準は、人の健康に害を及ぼすことのないよう、厚労省により食品ごとに認定されています」(昭和産業)

国際農薬監視行動ネットワークアジア・太平洋(以下、PAN)の日本代表で、元・国際基督教大学教授の田坂興亜さんは言う。

「水俣病のときもそうでしたが、その物質が人間にどんな影響を与えるか“科学的”に証明するには相当な時間がかかります。長年の微量摂取の危険性などがわかったときには、手遅れのことも多い」

グリホサートが入っている食品を、口にしないためにはどうしたらよいのか。元農林水産大臣で弁護士の山田正彦さんは次のように語る。

閲覧数:
172
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

jik********さん

2019/4/2218:50:57

>前出の小野さんが、こう説明する。
>「グリホサートは劇薬ですから、

グリホサートは医薬品ではありません。
従って「劇薬」に指定される事はありません。

こんな事を書いでれば基本的な用語さえ理解していない事になります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

poi********さん

2019/4/2219:40:34

うちの実父と実母は同じものをずーっと食べてきたけど父は癌になり母は癌のかけらもありません。

私が生まれたころは「アステロイド剤」が万能薬とされ、私もガンガンに使っていました(使っていたそうですの方が正しいです)が影響は出ませんでした。
そのころはみんな万能薬として使っていましたので。

私は発がん性があるかもしれない農薬がガンガン使われていても虫のついていない野菜を調理したい(もちろん食べます)です。
口に入れようとした枝豆に丸まった芋虫が入っているのに気づいたときには倒れそうになりました。
それ以来枝豆は一度さやから出さないと怖いです。

アメリカは訴訟起こしてお金取れればバンザイな国です。
日本を擁護するわけではないですよ。
ですが事故が起きて救急車で運ばれたときに家族より先に弁護士が来るような国です。
お金搾り取った弁護士が優秀とされ、どんどん弁護費用が吊り上げられていく国です。

自分の家で作った野菜しか食べずにずっと暮らしていた義父は80で癌で亡くなりました。
一緒に暮らしていた義母は90を過ぎてもいまだにボケもせず自分で野菜を作って食べています。

まぁ、言いたいのは「どんなに気を付けても癌になるときにはなるし、なる人はなる。ならない人はならない」ですよ。

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

for********さん

2019/4/2212:06:27

”以下の文章内容から考察して教えてください。”

・厚労省が定めている残留基準値以下なので違法ではありませんが、毎日のように口にするものなので、安全とは言い切れません」

→このヒトは、農薬の残留基準って一生食い続けても健康に影響が出ない量をさらに1/100にした量だっつー事実は知らないんすねー。
https://www.ajinomoto.co.jp/products/anzen/know/chemicals_04.html

・WHO(世界保健機関)の専門組織、国際がん研究機関は、グリホサートの発がん性を認めている。

→この記事書いたヒトは、国際ガン研究機関の発がん性リスク分類で、グリホサートの発がん性リスクはハムとかソーセージ以下で、赤身肉と同じっつー事実には言及しないんすねー。ハムやソーセージや赤身肉は、グリホサートとは比べ物にならないほど頻繁・大量に食われてるのにねー。
https://ja.wikipedia.org/wiki/IARC%E7%99%BA%E3%81%8C%E3%82%93%E6%80...

いち週刊誌の記事でしかない情報だけを信用しきって危険性がどーとか言い立てるのは、事実に学ばない無責任な姿勢だって言えると思うっす。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる