ID非公開

2019/4/22 18:38

77回答

ツイッターで #集団ストーカー と検索すると色々出てきます (音声送信やらなんやら。)

ツイッターで #集団ストーカー と検索すると色々出てきます (音声送信やらなんやら。) これらは本当なのかそれともただの妄想なのか…

1人が共感しています

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

妄想です。 精神疾患です。

その他の回答(6件)

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意
0

どちらの情報も在るのではないでしょうか。 所謂「集団ストーカー」と呼ばれている、特定個人を「○敵」として 的に掛けた上での、極めて組織的集団連携作業的な遣り方での、 馬鹿(専業者および部内者)の口を特別効果的に「凶器」として使っての 人を極端に不快にする「吐きつけ凶行」をメインの凶行手口にしての、 また、他の、人を極端に不快にするステルス凶行手口を併用して、 人を不快にする相乗効果を最大限出しての、24時間絶え間の無い、 特定個人に対する凄惨リンチ(極めて組織的集団連携作業的な遣り方での 最先端の遣り方での、悪魔崇拝儀式)は、可也以前から実在しています。 この集団活動は、自殺強制をし貫く形であれ、どんな形であれ、 殺し上げるまで遣り貫く事を当面の目安(目的)として遣っています。 一般人の特定個人を「始末」する遣り方は、幾つも遣り方が在り、 ステルス凶行の遣り方であっても、幾つかの遣り方が在り、 それは、極めて容易い遣り方なのです。 それを、わざわざ、莫大な金を掛けてまで、実物の対人用の軍用兵器を 馬鹿(専業者)に何台も使わせたり、馬鹿を何人も「専業者」として24時 間使ったり、更に、馬鹿の口を特別効果的に「凶器」として使わせてまで わざわざ、特定個人に24時間絶え間無く「極端な不快」を味遭わせている のです。これは、部外者の日本人の皆様のどなたが客観的に観ても、 これら馬鹿が特定個人に対して遣って来ている事は、はじめから、 【極めて組織的集団連携作業的な遣り方での、最先端の遣り方での、 悪魔崇拝儀式】なのです。 ウクライナ21は、ハンマーを使って悪魔崇拝儀式をしていましたが、 これら馬鹿は、口をハンマーに使って悪魔崇拝儀式をしているのです。 部外者の日本人の皆様は、これら馬鹿の口が【危険極まり無い程の、 途轍も無い凶器】で在る事を、まったく御存知ありません。 私達部外者の日本人(ホモサピエンス)では到底不可能な、原人吐き凶行 (例えば、仕事をしている芝居をしながらであっても、特定個人の耳の穴 を観て狙って、突然、極一瞬だけ、口を僅かに開けて「それ」を素早く 吐きつけて正確無比に特定個人の鼓膜に突き刺して、直ぐに芝居に戻る。 原人吐き凶行の有効射程距離は、実に、20m~30m~40m~50mもあり 場合によっては、60m~70m~80mまで有効距離なのです) を、気に食わ無い部外者の日本人や、特に「○敵」として的に掛けている 特定個人に対しては、日常的に遣っているのです。 これら馬鹿は、極端に凶悪な「原人の遺伝子」をベースの人格に備えてお り、その上に、幾つかの「まったくの別人格」を備えており、 状況に的確に合わせて、瞬時に、使い分けているのです。 この日本においても、20年位前の時点からは、日本人に成り済ましている 在日の朝鮮人(遺伝子が)の民族マフィア社会による反日テロ活動が、 北海道から沖縄までの47都道府県におけるSのS部内の「K部」が仕切って 「極めて大々的に」開始されて来ています。 極めて組織的集団連携作業的な遣り方で遣っている、的に掛けている特定 個人を「24時間絶え間無く極端に不快にする」事だけを当面の目的にして 遣っている、民族マフィア社会の部内者に対する、 部内者間の「意識の統制」を維持するために遣っている、見せしめ (生贄)儀式であり【こういう遣り方の、悪魔崇拝儀式】です。 私は20年どころか、延べ40年前後にもなる被害者です。 これら馬鹿が「2種類の軍用のパッシブ」を大量に導入して最大限「悪用」 する様になる以前は、つまり、 馬鹿(専業者)の口を特別効果的に「凶器」として使う様になる以前は、 例えば、被害者が住居内に居る間中、 被害者に「極端な不快」を朝から晩まで味遭わせる遣り方は、 被害者宅周辺の住宅地図をプリントアウトして、被害者宅と周辺の 「中型犬を飼っている民家」とを直線で結び、その直線上に、フィルムを 貼った箱型車を停めるポイントを決めます。後は、その中から 「ハンドガンタイプのウルトラソニックデバイス」を、数ヶ月掛けてでも 度々、その犬に対して使って、 その方向から僅かでも物音や人の声が聞こえたら「狂った様に反応して」 鼻に掛かった悲鳴をマシンガンの様に喚き続ける様になるまで「仕込み」 ます。一旦「仕込み」をしましたら、それ以後は、喚かせたい時に、 そのポイントに箱型車を停めて「それ」を、ちょっとの時間遣って、 直ぐに移動しましても、その特定方向だけに暫く喚かせられます。 私は、この凶行手口を何年間も毎日使われて、 夜間の時間帯以外は、「地獄」を味遭わされました。 あまりの鬱陶しさに、昼間や、夕暮れ時の時間帯は、住居内の床の上に 寝そべって、両耳の穴を指で押さえていた事も度々ありました。 これでは住居内生活が出来ず、精神活動も出来ませんでした。 これが、特定個人の住居の周辺の民家に飼われている中型犬の口を、 「特別効果的に、特定個人を極端に不快にするための凶器として使う」 遣り方だったのです。 ところが、これら馬鹿が、「2種類の軍用のパッシブ」を大量に導入して 最大限「悪用」する遣り方にシフトした途端に、 「この住宅団地一帯には、中型犬を飼っている民家は一軒も無い!」 と断言出来る程「シーン」としているのです。もう20年間もです。 何故だと思いますか?あれだけ滅茶苦茶に何年間も遣ったから、 「もう十分だ!」と判断したのでしょうか? とんでもありません!馬鹿(専業者)を特定個人宅の直ぐ目の前の 東隣と西隣にひとりずつ常時入れっ放しにして、全身全霊を集中させて、 テレパシー装置と軍用のパッシブと途轍も無い凶器である馬鹿の口とを コラボさせて使わせているので「馬鹿の邪魔になる」からなのです。 御参考までに御覧ください。 https://ameblo.jp/pinta-555/

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意
0

「集団ストーカー」という言葉ではありませんが、「集団の嫌がらせ」「組織的な盗聴つきまとい」「宗教団体のストーカー犯罪」という見出しでマスコミが報じています。 創価学会は、これまで敵対勢力に容赦ない攻撃をけしかけてきました。 攻撃といっても、傘で眼球を突き刺す、電話盗聴、盗撮、尾行、中傷ビラ、誹謗中傷ネット投稿、合成写真製造、盗聴テープを改竄して悪用する等々。 嫌がらせの目的は、脱会者や反逆者の抹殺、犯罪の隠蔽、訴訟対策、口封じ、地上げ、企業からの依頼などです。 組織の引き締めや脱会防止のための見せしめのために行うこともあります。 被害者は、近所の創価学会員が中心的に動いていたり、カルト臭い連中につきまとわれたり、創価が関わっているという話が漏出ててくるので、そのうち創価の仕業だと気がつきます。 ネットで調べると、百万も検索結果が出て来るので、創価学会の犯罪だと確信すると同時に、教団は犯罪組織だったことに気がつき愕然とします。 岩間氏は精神病だから煽られて遊ばれているのか、異常者に仕立てられて標的にされているのかは分かりませんが、どちらにしても加害者側に非があります。 創価学会は、脱会者、敵対者、批判者、勧誘を断った人、信者とトラブルになった人を「仏敵」と呼び、集団で嫌がらせ、つきまとい、工作をするストーカーの常習犯です。 警察と裁判所は創価学会はストーカー集団だと批判しています。 証拠はこのとおり。マスコミが何度も事件を取り上げました。 https://matome.naver.jp/odai/2153412187173818501 裁判所は創価学会の組織犯罪を断罪し、国会では創価公明は追及されました。 https://matome.naver.jp/odai/2153285695827108701 亀井静香議員が創価学会のストーカーを国会で追及した https://www.youtube.com/embed/BFWh_jctYgs 最近は、日本中にデマや個人情報をばらまき、ストーカー犯罪を煽り、政治権力を悪用して警察や役所の人にも犯罪を指示し、国をあげてストーカー犯罪をしています。 これの規模を小さくしたものが日本中で行われていますが、これを世間では集団ストーカーと呼んでいます。 露骨な集団ストーカー犯罪に迷惑している人達が、都心部で毎月何回も、創価学会のストーカー犯罪を批判する街頭宣伝活動が行われています 「創価学会 嫌がらせ」「創価学会 ストーカー」で検索をしてください。 50万~100万件は表示されるでしょう。それだけ被害者が多く事態が深刻なのです。 創価学会のストーカー体質や組織的な嫌がらせについては散々報道されてきたので、知っている人も多いです。 集団ストーカーを取り上げた記事をいくつか紹介します。 日刊サイゾー、ライブドアニュース、エキサイトニュース https://www.excite.co.jp/News/society_g/20111026/Cyzo_201110_post_8912.html?_p=4 ~ここから転載~ 私が相談を受けた集団ストーカーは、かなり大手の外資系会計事務所の法務部が、ある宗教団体の行動部隊へ委託して行われたという、かなり悪質な一件でした。 信じ難いことですが、一部の教団にはそういう"業務"を請け負う部隊があり、各企業の法務部とパイプを構築しているのです。裏仕事を暴力団に頼むのと構図は同じです。しかもそのときは、顧問弁護を務めていた女性弁護士も承知していたというのだからひどい話です。 道ですれ違いざまに『山田一郎(仮名)、死ね』とささやいたり、ホームの対面からじっと視線を合わせたりするわけです。ノイローゼになって産業医に相談に行くと、『最近、人の視線が気になりませんか』とか、『幻聴は聞こえますか』と誘導する。で、私に相談してきたのは、その集団ストーカーをしたひとり。『上からの指示でこんなことをしたが、もうやりたくない、死にたい』とメールで泣きついてきました。やる方もこたえる。負の連鎖ですよ。 また、別の産業医も集団ストーカーについて次のように言う。 「企業の法務部と教団ラインの集団ストーカーは、最近はあまり行われなくなったとも聞いています。人を多く使うので、どうしても情報が漏れやすいですからね。やる側も罪悪感から精神を病む人もいますし」 引き受ける教団も教団なら、そんなところへ"業務"として下ろす企業も企業。ここまでブラックな手法が一部の大手企業で常態化していた事実に驚くしかない。 ~転載終了~ 日刊ゲンダイ www.geocities.co.jp/WallStreet/6694/nikkangendai7.html 『ジャーナリストの乙骨正生氏は、自自公に猛反対の立正佼成会の幹部のインタビュー記事を週刊誌に掲載した直後から自宅に無言電話がかかるようになり、何者かに車のガラスを割られた。 また、「公明党の政権参加は民主主義に反する」と新聞にコメントした日大教授の北野弘久氏は、無言電話が殺到しただけでなく尾行もされたという。 国会で自自公連立の問題点を追及した民主党議員のケースも同じだ。国会図書館で創価学会に関する書物をまとめて借りたとたんに、自宅に無言電話や暴力電話がかかり始めたというから恐ろしい。』 集団ストーカーに関わった幹部らが、犯罪を本で暴露しました。 創価学会顧問弁護士 山崎正友(著) 「月刊ペン事件 埋もれていた真実」 『 広野輝夫は盗聴器等の機械の製造と使用管理部門の中心者であり、河上覃雄(のちに公明党代議士)、岩佐俊典らは、山崎正友が手なずけた造反グループや、敵対勢力に送り込んだ情報員の管理と、“見張り”“尾行” やそのためのアジトの運営等を手がけている。 このメンバーが集まれば、山崎正友配下の「SCIA」と呼ばれる情報師団のすべてが動かせる。その資金は、北条浩がいろいろな方法でひねり出した資金を山崎正友経由で各部門に配布する Z会は、その存在を知る幹部は本部内でも十名に満たず、厳重な、秘密のヴェールにつつまれている。それは敵対勢力や造反者対策、情報や謀略、マスコミ戦略を行う、文字どおり最高秘密会で、極めて戦闘的なことがらを司る機関であり、宗教団体にはおよそ似つかわしくない、生臭いものであった。主宰者の、海軍将校の経歴をもつ北条浩が、海戦の合図である“Z旗”にちなんでZ会と名づけた。 ちなみに秘密会に暗号のような名前をつけたのは池田大作流で、たとえば検事グループに“自然友の会”、外交官グループに“大鳳会”と名づけてカモフラージュをはかっているのである。 “SCIA” と呼ばれる創価学会の秘密情報機関は、彼の支配下にある。そのなかで、マスコミ界に、フリージャナリストとして送り込んである山下正信と、宗教の業界誌「宗教放送」の編集室に大山正というペンネームで送り込んである北林芳典に、とりあえず「月刊ペン」社と隈部の調査を命じた。』 創価学会 教学部長 原島嵩(著) 「誰も書かなかった 池田大作創価学会の真実」 『創価学会批判者に対する盗聴、スパイ、見張り、尾行は執拗に行われました。裁判等で明るみに出た謀略行為は、次のごとくです。 (中略) 池田は込んで、謀略ができる人間を登用してきました。 彼らは、謀略そのものに少しの罪の意識はありません。むしろ、そこには池田大作に直結し、選ばれた人材として、英雄を気どり、エリート意識が発達しているだけです。 月刊ペン裏工作、電話盗聴や謀略、他教団や学会批判勢力の分断工作、世論操作、買収に多額な金が使われたことも、各種批判で明らかになっています。それとて氷山の一角でしょう。』 創価学会 芸術部書記長 小多仁伯(著) 「池田大作の品格」 『広宣部は、全国に普及し組織化されていったのです。 広宣部の主な活動は、 1.構成員宅の郵便物などの抜き取り 2. 構成員の盗聴 3.交友関係の調査 4.構成員への尾行 5.怪文書による攻撃 6.構成員の出したゴミなどを持ち帰り、その中から情報を収集 以上のような活動を行っていました。 当初は、組織防衛のための広宣部を結成したことが、いまでは積極的に反対者への恫喝、圧力を加える組織へと移行しているようです。』 公明党委員長 矢野絢也(著) 黒い手帖 創価学会「日本占領計画」の全記録 『各部門と連動しながら、スケジュールを組んでの連続的な組織的犯罪だったのである。また、攻撃範囲は本人のみならず、家族・親族に及ぶものであり、精神的威嚇、社会的地位の抹殺、または生活の基盤を奪い取ろうとする、包括的なものであった。 いうまでもなく、これらの非合法的行為は、学会内部では極秘に行われており、一部の幹部しか知らない。 私は、当時、公明党の最高幹部で、学会との連絡役を務めていたことから、このような事実を知り得た。 元学会員の陳述書によると、「特殊部隊」の役割は「広宣部」が担っているという。監視、尾行、嫌がらせ、ゆえなき誹謗中傷などの違法行為は学会のお家芸ともいえるほど、常套手段化している。 (中略) 監視や尾行ばかりではない。聖教新聞などのメディアをつかった私への誹謗中傷は限度をこえて目に余るひどさになり、それにともなって執拗な脅迫電話や嫌がらせ電話も増えた。脅迫や嫌がらせは私や家族だけではなく、遠方に住む親戚にもおよんだ。 録音されたデータが裁判で公開されて、彼らの魂胆が見えた。明らかに改竄されていたからだ。 ICレコーダーの音声データは、パソコンに取り込み、いかようにも編集できる。コンピューターに少し詳しい人なら音声データは容易に改竄できる。 ハイテク集団を持つ創価学会なら痕跡を残さず、データを編集し直すことなど、お茶の子さいさいだろう。』 ↓創価学会から、尾行、盗撮、携帯電話盗聴されたジャーナリスト乙骨正生氏

画像
0

アルコングリッド。エーテル界、アストラル界。被害者になってみないと、まず理解不能。世界の電磁波攻撃、大分軽くなってます。人間がする集団ストーカーは、あまり意味がない。死ぬまで加害して因縁積んで下さい。その依頼は犯罪です。

0

集団ストーカー隠蔽工作員の特徴 ・集団ストーカーが妄想だと思うなら相手にしなければいいだけなのに、わざわざ時間と手間をかけ、自分がリクエストを受けた訳でもない質問に必死になって「妄想です」・「病院に行け」などの否定回答をする ・集団ストーカーが妄想だと思うなら相手にしなければいいだけなのに、無関係の人間とは思えないほど手のこんだ回答や長文回答をして、「質問者の言っていることが妄想である」ことを必死に訴える ・「集団ストーカーの存在を証明しろ」などと求めるが、自分自身は「集団ストーカーが存在しない証明」は一切出さない ・「集団ストーカーが存在しない証明」を求められるのは非常に都合が悪いので、なるべく「存在する証明を出す・出さない」の議論や「あなたを付けまわって誰が得するのか?」などと関係無い議論にすり替えようとする ・集団ストーカーが存在しない証明を求められると、「存在しないことはどうやっても証明できない」などとごまかすが、「証明できないのになぜ存在しないと分かるのか」については一切答えない ・My知恵袋(プロフィール)を見ると、質問はほとんど(もしくは全く)していないのに対して、回答は異常な数・異常な頻度でしており、いつ働いているのか分からないほどヤフー知恵袋に張り付いている ・My知恵袋の回答一覧には過去のおびただしい数の回答が並び、そのほとんどが「病院に行け」・「証拠を出せ」などの否定回答であることから、「否定回答をするためだけにヤフー知恵袋をやっている」ことが分かる ・回答には同じ内容のコピペを使っていることが多く、その内容は例によって「妄想です」・「病院に行け」などのワンパターン回答 ・集団ストーカーに関する質問をすると統合失調症、質問に回答しても統合失調症、彼らにとっての「統合失調症」とは、「インターネット上など多数の人間の目に触れる場所で、集団ストーカーに関する有益な情報交換をする者」のことを指す