ここから本文です

宝塚市パチンコ条例事件の判決文にある 「行政権の主体」や「財産権の主体」と...

sta********さん

2019/4/2520:54:19

宝塚市パチンコ条例事件の判決文にある

「行政権の主体」や「財産権の主体」とはどういう意味でしょうか?

-------------

国又は地方公共団体が専ら行政権の主体として国民に対して行政上の義務の履行を求める訴訟は、法規の適用の適正ないし一般公益の保護を目的とするものであって、自己の権利利益の保護救済を目的とするものということはできないから、法律上の争訟として当然に裁判所の審判の対象となるものではなく、法律に特別の規定がある場合に限り、提起することが許されるものと解される。

閲覧数:
98
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2019/4/2606:23:01

宝塚市は

「行政サービスができない」(行政権の主体)

ではなく

「市有地で変なことをされる」(財産権の主体)


として、訴訟を起こした。

質問した人からのコメント

2019/4/27 00:35:24

回答ありがとうございます!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる